歯科医師の目指す道とは?今からでも間に合う!未来が見える歯科医師の生き方を徹底解説!分院経営、一医院経営、親子経営。それぞれの形態で成功した現役歯科医師が、医院継承への極秘プログラムを公開!

まずはこちらの動画をご覧ください

2014年3月9日(日)in東京「未来が見える!歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー」

突然ですが貴方は、歯科医師として目指しているものはありますか?

日々の診療に追われている院長先生は、
なかなか、この質問に対しての明確なお答えを出しづらいものかと思います。

ですが、歯科医師としての明るい未来を掴むためには、
いつかは目指すものを決めて、そこに到達する為の行動を起こさなければいけません。

ですが、歯科医師としての未来などというテーマは、
基本的には人に言われてやることはなく、自分で切り開いていくものかとお思いでしょうが、
なかなか自分では行動を起こせないのが現状かと思います。


はじめまして。歯科医療総研の寺尾と申します。

年商アップのマーケティングを仕掛けたり、技術習得の為のセミナーに参加したりと、
医院の「現在」を豊かにする為に動いている先生も多いのではないかと思います。

ですが、医院経営を成功させる本来の目的を忘れてはいないでしょうか?

そう貴方は、お金を稼ぐ為に仕事をしているのではなく、
幸せな生活を得る為だったり、幸せにしたい人がいるから、
日々頑張っているのではないでしょうか?

ガムシャラに頑張ったとしても、何の目標もないままでは、本来、
幸せになる為の医院経営をいつの間にかお金を稼ぐ為だけのものになってしまいます。

それが絶対的に悪いことだとは言いきれませんが、その場合・・・

貴方が将来、働けなくなった時どうするのですか? ●歯科医院はどうするのか? ●残されたスタッフはどうするのか? ●引退後の収入はどうするのか? ●家族とどういう時間を過ごしていきたいのか?

現役の内に考え、実践していかなければならないことはたくさんあります。

そしてこれがライフプランニングということになります。

明確なライフプランニグがなければ、冒頭でお話ししたように、ただひたすら年商を上げていくだけの毎日となり、家族や仲間と過ごすことのできる大切な時間と、激務をこなすことによって徐々に蝕まれていく健康を犠牲にして、ただお金を稼ぐだけの人生となってしまいます。これでは、本末転倒ですよね。

そうです。

歯科医師としてはもちろんのこと、一人の人間としての「幸せ」を得る為には、お金だけではなく、自由な時間や、ストレスのない生活によって生まれる健康も大事な要素なのです。

だからといって何もしないでこの全てを得ることはできません。
貴方が今すぐにでもすべきことは、ライフプランニングです。

そしてライフプランニングを実行する為には、まず歯科医としてのゴールを決めないといけません。

歯科医師のゴールとは?

歯科医院のゴールは「売却」「廃院」「継承」この3つしかありません。

そして、ゴール設定をしないで、引退を迎えた院長先生が迎えるゴールは、
自動的に「廃院」となります。

廃院するのは簡単だと思われるかもしれませんが、
これには非常にコストがかかります。

ユニット3台〜5台、20坪ほどのごく一般的な歯科医院でも
数百万単位で費用がかかってしまいます。

後の生活費などを考えると、まとまったお金が一気になくなるというのは、
大きな悩みになる事は間違いありません。

そもそも、歯科医院がなくなるということは、
今までの歯科医院の歴史や、大切に思ってくれている人たちの想いなど、
全てが消えてしまうことになります。

さらには、スタッフ達も、路頭に迷わすことになります。

このような結果では、歯科医師として幸せな人生を歩んだと
胸を張って言うことはできないですよね?

そこで、貴方にも目指してほしいのが、残り2つのゴールの選択肢である「売却」「継承」です。

特に、「継承」については是非とも行っていただきたいと思っております。

そこで今回ご紹介させていただきたいのが、
たった2年で院長不在でまわる歯科医院の仕組みを作り、
さらに8つの分院を立ち上げ、グループ年商9億円を誇る、
医療法人社団「裕正会」理事長 渡部憲裕先生です。

医療法人社団「裕正会」理事長 渡部憲裕プロフィール

渡部先生からのコメント

渡部先生は5年前から「継承」というゴールを決めて、
現在は8つの分院の半分を継承することに成功し、
残りの分院に関しても、2年以内に全て継承するよう活動されています。

そして、継承を目指すには、個人としての立ち位置を決め、
セミリタイアまで辿りつくことが大事です。

院長が目指すべきセミリタイアとは!?

渡部先生が言うには、セミリタイアには、下記の2種類あると言います。

@受け身的リタイアA計画的リタイア

@受け身的リタイア

まず、ご説明させていただきたいのが、受け身的リタイアなのですが、これは例えば・・・

●院長が高齢になり身体が動かなくなったから ●患者様の層が高齢化してきたから ●設備が老朽化してきたから

などの理由で次のステップにいくことができなくなり、
仕方なしにリタイアをせざるを得ない状況になり、
流れ的なところでリタイヤしてしまうことです。

計画性のなさが、この状態を引き起こします。

A計画的リタイア

次に、渡部先生も推奨しております「計画的リタイア」ですが、
これは予めリタイヤを見越して・・・

●医院の組織化 ●人材の管理、教育 ●設備投資

などを計画的に進めていき、自分がいなくても歯科医院が回っていく仕組みを構築し、
ゴールである医院継承への準備をしていくということです。

患者様に関しても自分が作り上げた患者様だけでなく、
勤務医が抱える患者様の層を厚くしておくことが大事です。

計画的リタイアを果たすことができれば、
自分が医院にいなくても、長期的に医院が続いていくことになります。

つまり・・・

●医院→継承 ●個人→計画的リタイア

この2つのことを、我々、歯科医師は目指していくべきなのです。
そして、継承という医院のゴールにおいて、実は進むべき道は3つしかありません。

@分院展開をし、分院長に継承していく A1医院を拡大させ勤務医に継承する B親子間で継承を行う

そこで今回、既に分院展開した医院を次々に継承していっている渡部先生を含め
3名の院長先生が講師となり継承における3つの道と計画的セミリタイアについて、
完全網羅した「歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー」の開催が決まりました。

2014年3月9日(日)歯科医院の継承とセミリタイアの実現方法が明らかになります!

セミリタイアを果たし、時間的自由と、経済的自由を掴み取った渡部先生は、先ほどお話しした通り、
8つの分院を立ち上げ、次々に分院長に継承しく手法をとられています。

そして、次にご紹介したいのが、継承における2番目の道として、
1医院を拡大させ勤務医に継承する仕組みを作り、
「プチ矯正」でオンリー1の地域密着型中規模医院を構築させ、
昨年は分院なしの1医院で年商2億3000万円達成!!
さらには、スタッフ23名で勤務医に継承することにより
ワーキングリッチとクロージングを同時に実現させている
医療法人「英信会」あいはら歯科・矯正歯科理事長の相原克偉先生です。

医療法人 英信会「あいはら歯科・矯正歯科」 理事長 相原克偉プロフィール

相原先生からのコメント

相原先生は、分院展開はしない地域密着型の中規模医院を、医院の組み立て目標とし、
開業から僅か7年で、年商2億3000万円を叩き出しているのです。

そして、年商を伸ばしつつ、医院の継承と、ご自身のセミリタイアを着実に進めています。
彼は医院の継承とセミリタイアというゴールに向けて最も重要視していることがあると言います。

それは・・・

スタッフの長期雇用化です。

あいはら歯科・矯正歯科は、1医院にしてスタッフ20名以上を雇用し、
多数のスタッフで、業務をシェアすることで、
非常に効率の良い歯科医院を構築することに成功しています。

また、1医院を大型化していき、院長の目の届かない部分を最低限にすることにより、
近隣の医院との圧倒的な差別化が図れるといいます。

ですが、スタッフが長期間働いてくれる歯科医院作りというものは、なかなか難しいのが現状かと思います。
しかし、相原先生の医院ではスタッフが辞めていくことは、ほとんどないというのですから驚きです。

スタッフの長期雇用化を実現する為に、
相原先生が行っていることとは一体何なのでしょうか?

それは・・・

「5年後10年後の計画を立て勤務医と
WINWINになれる関係を作る為の仕組み作り」
です。

結局のところ、自分一人が幸せになろうとするから失敗するということなのでしょう。

ましてや、自分以外の人間に
「継承する」というゴールを目指しているのですから、尚更かもしれません。

このように、相原先生には・・・

スタッフの長期雇用化から1医院でもできる継承。そしてセミリタイア実現までに、院長先生はどのような仕組みを作っていくべきなのかを講義していただきます。


そして、最後にご紹介させていただくのが、難しいと言われている親子継承を成功させ、
現在3代目の院長でありながら、院長就任直後より飛びぬけたリーダーシップを発揮し、
スタッフが辞めない仕組みの構築による、チーム力と組織力を武器に年商を伸ばし続けている
峰歯科・矯正歯科クリニック院長の峰啓介先生です。

「峰歯科・矯正歯科クリニック」院長 峰啓介プロフィール

峰先生からのプロフィール

現代の歯科医院の親子継承は難しくなっていると言われていますが、
峰先生が言うには、逆にかつての歯科医院の継承が簡単すぎたとのことです。

どの業界においても継承は難しく、何も考えずにすると上手くいかないのは当然の事です。

それでも歯科医院の場合上手くいっていたのは、
それだけ歯科という職業が美味しかったということに相違ありません。

歯科業界では、これまで継承という作業を簡単に済ませる経験をしてしまっている分、
歯科業界全体として継承を甘く見てしまっているという側面があります。

ですが、現代では親子継承をスムーズに行う為には、幾つかポイントがあります。
そして、親子継承を成功させるには、絶対に達成しなければいけないことがあります。

それは・・・

指令系統を一元化することです。

指令系統を一元化するには、2種類の方法があります。

@ いろんな決定事項など合議制にして、意思の統一を徹底する。
A どちらかを絶対的なリーダーとして、そのリーダーの決定事項には逆らわない。

どちらも親子では難しい作業です。

しかし、院長が二人いるという状態は好ましくありません。
スタッフはどっちのいう事を聞いて良いのか分からなくなるので、
現場が混乱してしまうのです。

家族の場合、親子でも、兄弟でも、夫婦でも、
どっちがリーダーなのかと言うのが曖昧になってしまいます。
これを曖昧にしたままでは、絶対に組織運営は上手くいきません。

峰先生も、当初は医院を継承することを甘く見ていた結果、
院長就任時は多数のトラブルに見舞われたと言います。

ですが、現在は指令系統の一元化に施行し、親子継承で起こった問題を全てクリアにすることができ、
歯科医院の年商も右肩上がりとなったので、ご自身のセミリタイアに向けて準備を始めています。

峰先生には、親子継承に実情から、成功のポイントなどを講義していただきますので、
これからの親子継承を考えている先生はもちろんのこと、
現在2代目・3代目の院長として活躍されている先生にも必ずやお役に立てるかと思います。

このように、「歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー」では、
先ほどお話しした継承という医院のゴールにおいて、進むべき道3つの道を、
それぞれのエキスパートともいえる3名の先生が解説していくのです。

@分院展開をし、分院長に継承していく A1医院を拡大させ勤務医に継承する B親子間で継承を行う

3部構成の特大ボリュームのセミナーになります。

今回のセミナーは、参加者様が十分にノウハウを吸収できるように、
先ほどご紹介した3名の講師で、3部構成 4時間30分を予定しております。

セミナーのタイムスケジュール

セミナーでは、医院継承への3つ道それぞれの解説はもちろん、
どの道にも共通する意識である・・・

●院長不在でも回る仕組み ●No.2の育成 ●スタッフ教育 ●設備投資 ●資産形成

などを、相対的に仕組化し、
継承とセミリタイアを実現する方法を必ず学ぶことができるはずです。

また、他にも
「歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー」
学べることの一部をご紹介しますと・・・

未来が見える!歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー
分院展開から継承への最短ルートを公開!!
分院展開後の継承は一番ハードルが高いですが、
その分、引退後の生活はより豊かになります。
分院立ち上げから継承までのポイントを公開していきます。
セミリタイア実現で個人のゴールを達成する方法を公開します!!
引退後に幸せな時間を過ごす為のセミリタイアですが、
ただ、日々の診療をこなしているだけでは実現できません。
セミリタイアにより幸せになる為に、今からやっておくべきことを解説します。
院長不在でも回る歯科医院の構築方法とは!?
院長先生がいなくても歯科医院が回っていく仕組み作りが、一番難しく重要なことです。
院長不在で回る歯科医院を作る手立てをお話しいたします。
全ての始まりである、ライフプランニングを実行する為のマインドとは!?
ライフプランニングを実行するには
まず院長先生の考え方を変えていかなければいけません。
どのようなマインドで取り組んでいけばいいのか公開します。
長期雇用化による歯科医院継承方法を公開します!
スタッフが辞めない仕組み作りのポイントは、
院長とスタッフがWINWINとなることです。
その為に、スタッフに何をしてあげるべきなのかお話しします。
未来が判断できる仕組みがあれば継承は簡単!?
未来の見える形で引き渡すことができれば継承は必ず上手くいきます。
勤務医が継承したくなる医院の構築方法をお伝えします。
継承が断然楽になる法人化のススメ!
個人事業と法人では医院継承においても大きな違いが生まれます。
その全貌をお話しします。
本当に難しいの?親子継承の全貌を大公開します!
親子継承においては、事前準備がなければ、様々な問題が起こっていきます。
また家族との問題だけにこれは根深いものになっていきます。
親子継承時に起こりうる問題点を公開します。
指令系統の一元化で親子継承がスムーズに!
親子での継承直後は、実質、院長が2人いるような状態になり、
スタッフも混乱し、院内中でフラストレーションを感じるようになってしまいます。
指令系統の一元化でスムーズな継承を実現する方法をお話しします。
セミリタイア後の人生を豊かにする資産形成とは?
現役時代から資産を形成していくことで、
リタイア後の人生に大きな違いが生まれてきます。
今からでも始めるべき資産の作り方をご紹介します。

ではこのセミナーの価値は?

3部構成の特大ボリューム!「未来が見える!歯科医のゴール戦略と 歯科医院継承の成功法セミナー」2014年3月9日(日)in東京

先ほどからお話ししている通り、
医院の継承とセミリタイアこそ歯科医師の目指すべき生き方です。

そして、そのための仕組作りを行う明確な方法というのは、
まさに夢のプログラムと言えるでしょう。

さらに、今回は、貴方と同じ歯科医師であり、
継承における3つの道のエキスパートとも言える
3名の先生が一堂に会する非常に貴重なセミナーです。

セミナーでは、誰も教えてくれない、
他では学べない講義が展開されていきますので、
会場の定員は100名まで
とさせていただき、
参加費用はお一人様、5万円にさせていただきます。

ですが、やはり一人でも多くの先生に来て頂きたいですし、
お忙しい中、お時間をとっていただける感謝の意味も込めて・・・

期間限定で、特別料金としてお一人様30,000円でご招待させていただきたいと思います。

また、是非とも、ご家族や勤務医のみなさんと一緒に参加していただきたいと思いますので、
複数名でのお申し込みは、2人目から参加費20,000円でご招待させていただきます。

複数名でのお申し込みは、2人目から参加費20,000円でご招待させていただきます。

さらに、今回ご参加の方に限り、10万円相当の特典をプレゼントさせていただきます!

セミナーのお申し込みはこちら

▼ セミナー情報 ▼
セミナー名 未来が見える!歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー
開催日時 2014年3月9日(日)in 東京
●開場受付:11時30分〜 ●セミナー:12時00分〜17時30分
定 員 100名 ※先着順となります。お早めのお申し込みをお願いいたします。
会 場 東京都 品川 TKP品川 ※会場は変更になる可能性がございます。
>> 会場への地図・アクセス詳細はこちら
お支払い方法 銀行振り込み ※お申込から2週間ほどで請求書を郵送させて頂きます。
価 格 期間限定 特別価格  30,000円(税込)
※複数名でのお申し込みの場合、 2人目以降はお一人さま20,000円でご招待。
※請求書・領収書はお申し込みの方に一括で発行いたします。
例)お申込みご本人様 + ご招待1人⇒お2人さま合計で50,000円(10,000円引き)
▼ お申し込み ▼
セミナー名 『未来が見える!歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー』
2014年3月9日(日)in 東京
お名前
(代表者)
 例)山田   例)太郎(全角)
フリガナ  例)ヤマダ   例)タロウ(全角)
貴院名
例)あいうえお歯科医院
Eメール  ※半角英数字のみ
例)tdental@b-bnet.net
年 齢
都道府県  ※お選びください。
住所@
(市町村、町名)

例)千代田区神田須田町
住所A
(番地、ビル名)

例)2-2-5須田町藤和ビル
電話番号
例)00-0000-0000(携帯可)
セミナー参加 参加する(30,000円税込)
招待ご希望の場合は下欄でお知らせください。
※ご招待者の方は、お一人様20,000円(税込)
招待人数
 人 ※ご招待人数をお知らせください。(ご本人は除きます)

※ボタンは一回だけでお願いします。

追伸 医院を継承していくことは・・・

こんにちは。医療法人社団裕正会の渡部憲裕です。

これまで「歯科医のゴール戦略と歯科医院継承の成功法セミナー」
ご案内をさせていただいておりましたが、わたくし渡部、
自らがどうしてもみなさんにお伝えしたいことがありますので、
この場を借りてお話しさせていただきます。

医院を継承していくということが、
歯科医師として最良の生き方を実現する方法ということは、
これまでお話ししてきましたが、
私もそれを身を持って体感しております。

突然ですが、暫く目をつむって貴方が開業された時からの、
歯科医人生を振り返っていただいてもよろしいですか。

・・・いかがですか?

断片的にでも、
頭に収まりきれないくらいの思い出がたくさんありませんか?

多額の借金を抱え、不安と希望でいっぱいだった開業当初。

難しい診療をこなした時に、
何とも言えない達成感を感じたり、
患者様の笑顔が見れた時に、
心から充実した気分になったこともあったでしょう。

そして、それ以上に、大変な苦労や、
落ち込むような出来事もあったかと思います。

きっと、どんな歯科医院でも語りつくせない程の思い出が存在し、
たくさんの人々が関わってきている、
何にも代えがたい歯科医院なのだと思います。

しかし、貴方もいつかは、
そんな歯科医院を離れなければいけなくなる日が必ず訪れます。

ですが、それが歯科医院の終わりということでいいのでしょうか?

現役時代は、激務に追われ大変だった仕事かもしれませんが、
急になくなるとなると、それはそれで寂しいものです。

つまり、歯科医院は院長先生にとって、
気づかないうちに「大切な場所」になっているのです。

大切な場所をずっと存在させ、引退後は好きな時に顔を出せる。

こんな幸せなことはありません。

それに、医院を継承し、リタイアを果たすことができれば、
ご家族との時間や、豊かで穏やかに流れる時間が貴方を待っています。

そして、貴方には新たなチャレンジをする機会が与えられます。

何か楽器を始めてみるのはどうですか?
奥様とガーデニングに力を入れてみるのも素敵ですね。
世界遺産を見て回る旅に出るのもいいかもしれません。

挙げたらキリがないほどの未知の体験が貴方を待っています。

このような無限の可能性のある未来を絶対に手に入れましょう。

では、3/9日セミナー会場で、
皆様とお話しできるのを楽しみにしています。

最後の最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

セミナーのお申し込みはこちら

ページトップへ