1DAYセミナーで一挙大公開!3日後の予約すら埋まらず、待合室には患者様の影すらなかった廃業寸前の歯科医院から奇跡の大逆転!新患月200名! 年商1億円を楽々突破!定期来院患者数およそ4.300名! 1日の患者数150名以上!初期費用も設備も必要とせず、真似するだけで今ある医院の売上が天井知らずでアップする歯科医院に進化する方法とは!?

2015年4月某日…。
大阪府に、毎日150名以上の患者様が訪れているだけでなく、
毎月200名近くの新患を獲得している歯科医院があるという情報が
私の耳に入ってきました。

そこで、その歯科医院の院長先生にアポイントを取り、
詳細についてお伺いする機会をいただいたのですが、
私は、インタビューの間ずっと空いた口が塞がりませんでした。

なぜなら、
それは今まで見たことも聞いたこともないような
ノウハウだったからです。

それでいて、実践しているノウハウは大きな初期投資も必要ない
至ってシンプルなものであり、内容や方法を正しく理解すれば、
どこの歯科医院でも簡単に導入出来てしまうようなものだったのです。

そして、この医院では、このノウハウを実践することによって…

『年商1億円を軽々突破!』
『新患月200名オーバー!』
『定期来院患者数4400人オーバー!』
『自費率アップ!』
『スタッフが辞めない歯科医院へ生まれ変わる!』

という成果も生まれていたのです。

しかも・・・
この歯科医院はテナントの作りが悪く、表側からは患者様の目に触れることもない
最悪の立地条件となっていたのです。

坂井歯科医院の入口の写真

こちらが、この歯科医院の入口の写真となります。

一目見て分かるように、
決して開業に向いている建物とは言えません。

どちらかというと、
開業を避けたい場所であると言えるでしょう。

それにも関わらず、この歯科医院では、先ほど紹介させて頂いた通り、
毎月200名以上の新患が訪れており、常に4300人以上の患者様が日々予防に足を運び
「歯医者は終わった」と言われる今の時代であるにも関わらず
年自費率は50%程度を維持、年商は軽く
1億円を突破しているのですから、驚く他にありません。

さらに

ユニット : 12台 ドクター : 13名(総数) 受付 : 8名
事務 : 3名 歯科衛生士:12名 歯科助手 : 18名 

これが、この歯科医院の概要なのです。

そこで今回、院長先生に、この歯科医院が実践している
ノウハウの全てをお伝えさせて頂きたいと思い、このお手紙を書かせて頂いております。

院長先生がお忙しい身であるのは百も承知ではありますが…

医院の売上を伸ばしたい.患者様との信頼関係を確固たるものにしたい.効率的にスタッフの育成をしたい.スタッフの辞めない医院作りをしたい.医院の自費率をUPさせたい.ライバル医院に負けない安定した医院経営を実現したい

など、一つでも該当する項目があれば、
そう長い時間は取らせませんので、5分ほどお時間を頂きたく思います。

この5分間が貴クリニックを更なる発展へ、
院長先生を次なる成功のステージへと導くものになると
最初にお約束させて頂きます。

はじめまして、こんにちは。
歯科医療総研の山本と申します。

院長先生もご存知の通り、昨今の歯科業界はライバル医院の増加によって、
過去に例を見ない程に競争が激化しており、いくら優れた治療技術を持っていたとしても
患者様が集まってくれるとは限らない非常に厳しい時代で、
ここ数年を見ても毎年2000件以上もの歯科医院が廃業に追い込まれています。

そんな厳しい時代であるにも関わらず、
冒頭に紹介させて頂いた歯科医院は年商1億円を軽く突破しており、
月の新患は200名、毎日の患者数は150名を超え、既存患者の数は4300人以上と
現在の歯科業界では考えられない数字を叩き出し、廃業の二文字とは無縁の
安定した経営を20年以上も続けています。

一体、この歯科医院ではどんな方法を使ってこの数字を叩きだしているのでしょうか。

その全てを今から公開させて頂くにあたり、
まずは冒頭で紹介した歯科医院の院長先生を紹介させて頂きます。

HIDEAKI SAKAI PROFILE

坂井 秀明

医療法人育歩会 坂井歯科医院
院長 坂井 秀明

■ 経歴

  • 1980年 福岡歯科大学卒業
  • 1982年7月 屋川市、京阪香里園駅近くにて坂井歯科医院開業
  • 2011年3月 香里園かほりまち歯科開設

いちはやく、地域に根差した予防を中心とした歯科医院経営を確立させ、
メンテナンスの患者様を多く抱える。

「リッツより上質で、ディズニーより楽しい」歯科医院経営を目標に掲げ、安全、安心で患者様にあった最高の治療を提供し続けている。 また、スタッフ育成や、自費率アップのための手法などは高い評価を得ており、執筆、講演活動を多数行なっている。

ピックアップ画像

■ 坂井先生の主な著書

  • あなたの歯科医院を90日で成功させる (歯科医院経営実践マニュアルvol.24) (医院再生のノウハウ)
  • 知っておきたい「最新歯科医療」―よい治療を受けるために 虫歯・歯周病・インプラントから噛み合わせ・口臭・デンタルドックまで
  • スタッフのヤル気が歯科医院を発展させる (歯科医院経営実践マニュアル vol.38)

今でこそ、年商1億円を軽く突破して何一つ経営に不安のない医院運営を実現している
坂井先生ではありますが、開業当初から順風満帆といったわけではなく、
逆にトラブルの連続でした。

*

彼が開業したのは、今から33年前の1982年。

当時はまだ “開業すれば儲かる”という時代だったのですが、
彼の場合、儲かるどころか、常に廃業の二文字と背中合わせの
日々を送っていました。

ただ、これはある意味当然だったと言えるでしょう。

なぜなら、坂井先生は歯科大学を卒業してから
2年後の27歳という若さにして開業していたからです。

歯科医師として、まだまだ知識も経験も不十分。

そんな状態でありながら、開業するのは無謀とも言えます。

ただ、当時の彼は背景にさまざまな事情を抱えていた為、開業する以外の選択肢はなく、
「なんとかなるさ」と思う反面 「やばいんじゃないか」と思いながらも
銀行から融資を受けて、お金も知識も経験もなく、
あるのは「地域密着型の歯科医院」という理想だけという状態で
現在の坂井歯科医院を構えたのです。

このように、歯科医師として半人前の状態での開業であっても、
マーケティングの知識があれば、経験を知識でカバーしながら経営することも
可能だとは思いますが、当時の彼はマーケティングに関してもズブの素人だった為、
当然のように開業直後から経営危機に悩まされることになります。

また、彼が開業場所に選んだ物件も安定した歯科医院経営を邪魔する原因となっていました。

冒頭でも、坂井歯科医院の入口の写真を紹介させて頂きましたが、
坂井先生が選んだ物件は駅から近かったものの、目の前に開かずの踏切があり、
テナントの商業施設自体が流行っておらず、人通りが少ない。
オマケに、入口が分かりづらくて患者様の目につきにくいという
最悪とも言える立地条件となっていました。

つまり…

☑知識・経験不足の新人歯科医☑資金に余裕なし☑立地条件は最悪。このように坂井先生は最悪とも言える環境でのスタートだったのです。

いくら今ほど競争が激しくない時代だったとは言え、これだけの要素が重なってしまうと、
普通に考えれば歯科医院が潰れるのは時間の問題な気もします。

事実、開業から3年間は患者様が少ない状態で3日後の予約が埋まらないことも多々あり、
1日の来院数が0名という日も日常茶飯事という悲惨な経営状態となっていました。

しかし、そんな中でも腐ることなく毎週のように歯科医向けのセミナーに足を運ぶなど、
必死に勉強をしていた甲斐もあって、徐々に患者様が増えてきたそうです。

開業3年後でようやく見えた医院発展の希望!しかし、その希望は一瞬にして絶望へと変わりました。

石の上にも三年という諺もあるように、
最悪の立地条件で常に廃業の危機に迫られながらも辛抱強く開業を続けた結果、
3年後の1985年には徐々に患者様の数が増えてきて、彼が理想としていた
「地域密着型歯科医院」が形になってきていました。

開業直後とは異なり、知識も経験も増えて歯科医師としても一人前になり、
彼の歯科医師人生は本当の意味でスタートラインに立ったと言えるでしょう。

しかし、そんな矢先の出来事でした…。

彼は一瞬にしてどん底に突き落とされたのです。

ある日、坂井先生がいつものように歯科医院に入ると、
そこには明らかにいつもと違う光景がありました。

*

なんと、いるハズのスタッフが
誰ひとりとして出社していないのです。

『一体、何が起こっているのだろうか』

呆然と立ち尽くしていると医院の電話が鳴り、
電話を取るとスタッフからでした。

そして、スタッフは電話でこう告げたのです。

『私たち全員、辞めさせてもらいます』

そして、1日にして坂井歯科医院は院長1人だけという危機的状況に立たされてしまったのですが、一体、どうしてこのような事態になってしまったのでしょうか。

当時の状況を坂井先生に伺ってみると、次のように語ってくれました。

あの頃の私は、自分のことに必死で周りのスタッフまで
気にかけてあげることが出来ていませんでした。

思い返せば、院内において些細な問題も起こっていたのでしょうが、
それに気付けていなかったんですよね。

また、自分が理念を掲げて必死に経営・治療に精進すれば
スタッフがついてきてくれると勘違いしていたようにも思えます。

いくら私が素晴らしい理念を掲げたところで、
それをスタッフの間に浸透させることが出来ていなければ、
彼女たちから見れば“院長のひとり相撲” ですので
これは当然の結果だと言えるでしょう。

そして、彼は、スタッフ全員が辞めてしまうという危機的状況をきっかけに
”自分の中の大きな勘違い”に気付き、そこから医院発展への大きなヒントを得たと言います。

スタッフ0からの再出発!坂井院長が危機的状況で掴んだ医院発展へのピースとは?!

スタッフが一瞬にして全員辞めてしまった後、知り合いの歯科衛生士に臨時で来てもらったり、
親しかった患者様が受付を名乗り出てくれるなどしてくれた為、
診療を続けることができ、廃業の危機を免れた坂井先生ですが・・

彼はこの時の患者様からの何気ない一言で、
自らの過ちに気付いたと言います。

スタッフが0人という異様とも言える光景を見た患者様が坂井先生に言った言葉…
それは…

「先生、スタッフには優しくしてあげないかんよ」
「スタッフがいなくちゃ、先生の技術は何の役にも立たんのよ」
「私らは、先生だけじゃなくスタッフみんなのことも好きでここに来てるんやからね」

というものでした。

それまでの坂井先生は、技術があれば患者様やスタッフが集まってきてくれると疑わず、
必死に技術系のセミナーに参加する日々を送っていたのですが、
こういった患者様からもらう言葉によって

『歯科医院経営の要は人である』

という事に気付き、それからは、技術系のセミナーだけでなく、
医院経営に関するセミナーにも参加するようになったのです。

そして、今までの自分の院長としての行動を反省して
『院長とスタッフが一体化した医院作り』
に着手するようになってからは、スタッフが辞めることはなくなり、
開業10年後の1992年には年商が1億円を突破するという実績を叩き出したのです。

現在ではその数倍の年商を常に確保しています。

閑古鳥の鳴く歯科医院から年商1億円超えの歯科医院への超進化!坂井歯科医院の快進撃を生み出した秘策の全貌とは!?

このように、坂井先生は開業直後から経済危機に陥り、それが解決したと思えば、
スタッフのボイコットによって歯科医院が廃業の危機に立たされるという経験を経て
年商1億円を超える歯科医院作りを実現したわけですが、
一体彼は、何をどのようにしたのでしょうか。

普通に考えれば、ここまでの売上を叩き出すには、膨大な初期投資が必要だったり、
施策が複雑で結果が出るまでに時間を要する気もしますが、坂井先生が行なったのは、
とても簡単な2つのことです。

それは…

①院長の理念をスタッフに浸透させる②院内における役割分担

たったこれだけのことではありますが、この2つの取り組みを行ってからというもの、
以前のようにスタッフからの反感を買うこともなくなり、
院内は常に和気藹々とした雰囲気に包まれて、院長やスタッフだけでなく、
患者様にとっても居心地の良い空間となり今ではカルテ総数2万5千枚以上
定期来院者4300人以上を抱える地域NO.1の歯科医院となったのです。

ではここで、坂井先生が行なった2つの取り組みを具体的に説明させて頂きます。

この方法は、院長先生のクリニックでも即日実践出来るだけでなく、
直ぐに効果を実感することが出来るものですので、貴クリニック内においてどのように
展開しようかと考えながら読み進めて頂ければと思います。

Dr坂井の医院再生プラン①たった10分で院長の理念をスタッフに浸透させる朝礼の仕方

スタッフ全員が仕事を辞めてしまったという苦い経験から、
彼は「スタッフに理念を浸透させることの重要性」を学び、
院長とスタッフが同じ考えを持ち、同じ方向を向いて仕事が出来るためには、
自らの考えをスタッフに理解してもらうことが重要だと考えました。

とは言え、人それぞれ考え方が違いますし、特にスタッフは院長と年代も性別も違いますから、
院長の理念を浸透させるのはそう簡単なことではありません。

そこで坂井先生は、朝礼の方法を工夫したのです。

院長の理念や医院方針を書いた紙を用意して、朝礼時に全員でそれを読み上げます。

もちろん、その理念の意味については、事前に院長からスタッフに説明をして
理解をしてもらえるようにしています。

この取り組みをすることによって、各スタッフの潜在意識に
医院理念を植え付けることが出来るようになり、院長とスタッフが違う方向を向くことなく
医院には今までにない連帯感が生まれるようになったのです。

Dr坂井の医院再生プラン②餅は餅屋の発想で院内における役割分担制度を導入!

スタッフが全員辞めてしまった当時の坂井先生は
「院長が院内における全ての仕事をやらなければいけない」
と思っていました。

その為、何事も全部一人で抱えてしまって、周りが見えなくなり、
スタッフの変化にも気付けなかったと言います。

そして、この失敗から院長ひとりで全てを背負い込むのではなく、
同じ医院の仲間であるスタッフにも仕事を任せて
組織としての経営を重視するようになったのです。

具体的には、スタッフを管理するチーフの配置です。

院長先生も、スタッフの管理には日頃頭を悩ませているかと思いますが、
坂井先生も同様に、スタッフの扱い方が分からずに苦労をされていました。

そこで「自分の不得意な部分はスタッフの力を借りよう」と思い、
経験豊富なスタッフにチーフとしての役割を与えて、スタッフの管理をお願いしたのです。

その結果、坂井先生がスタッフのことを常に気にかけていなくても、
チーフがスタッフの指導やケアをしてくれるようになり、
院内が円滑に回るようになったのです。

また、坂井先生はマーケティングに関しても「餅は餅屋」の発想で
自らが全てを行なうのではなくマーケティングの得意な人材を事務長として雇用して、
自らは患者様の治療に専念できる環境を作り上げていました。

「経営まで行なって院長である」という考えもあるかと思いますが、
マーケティングに関しての知識・自信がないというのであれば、
その分野に得意な人材を雇用して院内に配置するのも一つの方法ではないでしょうか。

事実、坂井歯科医院では事務長を雇用してからは、
効率的なマーケティングを行なえるようになり、寝屋川市での評判や露出度が一気に高まり、
分院を展開するまでの規模に育っています。

このように坂井先生は①理念の浸透②院内における役割分担という
2つの取り組みによって、鳴かず飛ばずの状態から医院を順調に発展させて、
今ではカルテ総数2万5千枚以上 定期来院者4300人以上を抱える
歯科医院へと発展させることに成功したのです。

このように、医院の数字としては実に素晴らしいものを残されていますが、
それだけでなく、この取り組みによって坂井歯科医院は組織としても大きな成長を遂げて、
2014年には歯科甲子園D1グランプリにおいて名誉ある銀賞にも輝いています。

ではここで一度、坂井先生が上記2つの取り組みを導入してから、
医院にどのような変化が起きたのかを簡単にまとめてみたいと思います。

医院理念の浸透により…☑スタッフとの意思疎通が可能に!☑スタッフが辞めない職場へ!☑スタッフのモチベーションUP!

院内役割分担制度導入により…☑売上アップ!☑新患数アップ!☑院長が治療に専念出来る環境へ!

そして、これら2つの施策は相乗効果を生み、患者様にとって本来であれば、
行きたくない場所NO1である歯科医院であるにも関わらず、
患者様に対して“癒し”を与えられる空間となり、
いくらお金を積んでも手に入れることの出来ない…

患者様との信頼関係が築き上げられました。

その結果が、度々ご紹介している通り…☑年商1億円超え☑1日150名以上の来院☑新患月200名オーバー☑在籍患者数4300人オーバーという実績を生み出しています。

歯科業界でも滅多に目にすることのない彼の成功は、競争が日々激化する
今日の歯科業界で生き抜いていくためには、
院長の理念をスタッフ全員に浸透させて同じ方向を向いた経営と適材適所による
役割分担を導入するといった経営方針が重要になってくる
ということを意味しているように思います。

ですので、是非とも院長先生におかれましても、
坂井先生の取り組みを導入して頂きたいと思うのですが…

「なんだかんだ言っても、実際にやるとなったら難しいでしょう?」
「うちのクリニックでやったとして、同じ結果が出るとは限らないのでは?」

といった疑問も抱かれたことと思います。

そこで、坂井先生にこれらの疑問をぶつけてみたところ、
次のような答えが返って来ました。

正直に言いますが、私がやっていることは決して特別でも難しいことでもありません。
私が自身の失敗から学んだ”医院経営の要は人である”
という考えに基づいた医院経営方法なのです。

開業している場所や院長の経験、スタッフの考えなどは様々ではありますが、
歯科医院そのものは組織の中心である院長と周りのスタッフで成り立っている
ということに違いはありません。

ですので、これは決してうちのクリニックが特別というわけではなく、
歯科医院という組織内において、院長の考えを周りに理解してもらい、
そして、院長ひとりで経営を担うのではなく、それぞれが得意な分野で
力を発揮するという仕組みを作れば、自然と一体感のある
地域NO1の歯科医院へと発展していくことでしょう

確かに、坂井先生が仰ったように、それぞれの歯科医院において
理念や環境は異なっています。

しかし、歯科医院が院長とスタッフで成り立っているという事実は
日本全国共通で、これは決して貴クリニックにおかれましても
例外ではありません。

この事実から、坂井先生が数々の失敗を経て確立した医院経営法が、
貴クリニックを更なる高みへと導いてくれると確信した私は、
坂井先生に、彼がスタッフ0人というドン底の状態から、年商1億円を叩き出すまでの
歯科医院へと発展させたノウハウの全てを公開するセミナーをして頂けないかと
お願いをしたところ…

「私で良ければ喜んで協力させて頂きたいと思いますが、今すぐには無理です。
というのも、セミナーに参加して下さる院長先生方全員が、私のノウハウを聞き、
導入することによって何かしらの変化を生み出せるまでに
セミナーの質を高めたいと思っているからです。

ですので、その為には、どういった話をすればいいのか、
そしてそれらを分かりやすく説明する為の資料を準備する必要が出てくるので、
少しだけお時間を頂けないでしょうか」

という答えを頂き、セミナーをお願いしたその場では
後日セミナーの時期や内容を連絡頂くということで話が終わりました。

そして、遂に先日、坂井先生からセミナーの具体的な詳細について連絡を頂いたのですが、
私が考えていたセミナー内容を良い意味で裏切ったプランを提案して下さったのです!

2015年11月15日(日)スタッフ0人のドン底から年商1億超えの歯科医院まで駆け上った坂井歯科医院の快進撃の一部始終が明らかになります!

今回、私が坂井院長にセミナーをお願いしたのは、
彼が30年以上の現場経験の中で培ってきたノウハウや知識が必ず院長先生を
歯科医として更なる高みへと導いてくれると確信していたからです。

しかし、坂井先生から頂いた提案は次のようなものでした。

「今回お誘い頂いたセミナーですが、私個人としてではなく、
坂井歯科医院全体として引き受けさせて頂きたいと思います。
なぜなら、うちのクリニックがここまで発展を遂げたのは、私ひとりの力ではなく、
事務長やスタッフの協力と理解、そして日々の努力があったからこそです。

ですので、私ひとりがセミナーで講演をさせて頂いたとしても、
それはうちの医院のノウハウの一部しかお伝えできない結果になってしまい、
参加してくださる方が120%満足されることはないと思っています。

よって、セミナーに参加された院長先生方が翌日から医院に何かしらの変化を
起こせるだけの充実したセミナーにしたいので、当日は、私だけでなく、
事務長とチーフにも講師として登壇させて頂きたいと思います。」

このように、有難いご提案を頂き、遂に今の坂井歯科医院を作り上げてきたノウハウの
詳細が明らかになりました。

それでは、今回のセミナーで院長先生にお伝えする内容の一部を
豪華講師陣の紹介を兼ねてお伝えさせて頂きます!

患者数0から僅か10年で年商1億円超えの歯科医院作りを達成!どん底から奇跡の復活を成し遂げた歯科医 坂井秀明氏

医療と経営を高次元で両立させマネジメントする坂井歯科医院の司令塔!山川 琢也 事務長・ケースマネージャー

行きたくない場所NO1の歯科医院も彼女の手にかかれば瞬く間に患者様にとっての心のオアシスに早変わり!育歩会香里園かほりまち歯科歯科助手リーダー、トリートメントコーディネーター今道 薫氏

セミナー当日は、朝10時30分から夕方17時30分までの7時間にわたって
上記3人がそれぞれ得意分野で未だ世に出ていない
シンプルでありながらも即効性のあるノウハウを惜しみなく公開してくれます。

さて、気になるセミナーの受講料は?

患者様が1人も来院しないという悲惨な状態から始まったものの、
開業10年目には年商1億円を軽く突破するだけの歯科医院を作り上げた坂井先生、
そして、それから数十年にわたって、毎年年商を伸ばし、生き残りが必死の
今日の歯科業界であっても、経営不振とは無縁の環境を影でサポートしている山川氏、
患者様から愛される歯科医院作りのプロであり、スタッフ育成の手腕にも定評がある、今道氏。

この3名から得られるノウハウを知れば貴クリニックも、坂井歯科医院と同じように、
毎月200名近い新患が訪れるようになり、時間と共に既存の患者数は数千人にも
伸びていき、近い将来には年商は1億円の大台に突破することは間違いないでしょう。

ですので、このセミナーの価値は決して安いものではありません。

近年盛んに開催されている歯科医向けのセミナーの参加費は
平均して3万円ほどとなっていますが、これは講師が1名の場合です。

今回は、坂井歯科医院のスタッフが総出で実のあるセミナーを開催してくれる
ということもあり、院長を含めて3名の講師が目から鱗のノウハウを
語り尽くしてくれますので、単純に考えると…

3万円×3名=9万円

と、これが今回のセミナーにおける適切な受講料ではないでしょうか。

しかし、セミナーの受講料に関して坂井先生から、

「わたし達講師陣は3人で1つです。 ですので、3名いるからといって、
受講料を倍掛けにする必要はありませんので、
どうか、私たちが培ってきたノウハウを本当に必要な院長先生方が
迷わずに申し込める良心的な価格にしてあげて下さい」

というお言葉を頂きました。

そこで、今回は「3人で1つ」という坂井先生の言葉を参考にさせて頂き、
当初予定していた9万円の3分の1である・・・

3万円を受講料として設定することに決めました。

年商1億円超えの歯科医院作りの仕組みが全部知るのに必要な金額はたったの3万円!十分に安い価格ではありますが、今回は特別に…!!

セミナー受講料に関しては上記でもお話した通り3万円です。

ただし、今回は開催場所が東京都内となっており、県外から参加される場合
セミナー受講料とは別に交通費や宿泊費がかかってしまいます。

遠方からの参加であれば、旅費交通費がセミナー受講料を上回ることもあるでしょうから、
これは決して安くはない金額と言えます。

しかし、そこまで費用をかけても坂井先生の話を聞きたいと思って下さったのであれば、
私としても大変嬉しく思います。

そして、その院長先生の熱意に
我々歯科医療総研も目に見える形で応えるのが礼儀だと思っています。

そこで、今回は・・・

セミナー受講料の1万円を歯科医療総研で
負担させて頂くことにいたしました。

ですので・・
受講料は2万円(税込)となります。

たったの2万円で、ここまでお話してきた…

☑年商1億円を最短で突破する方法☑スタッフが辞めない医院作りの条件☑医院の露出を高める方法☑地域から愛される医院作りの極意☑毎月200名の新患が訪れる歯科医院作り

の全てを知ることが出来ます。

そして、このセミナーはスタッフの皆さまにも聞いていただくことで、
より成功のスピードがアップすると考えています。

ですので今回坂井先生にお願いして、スタッフの皆さまのご参加については
特別料金を設定させていただきました。

院長先生とご一緒にお越しいただける
スタッフの皆さまに限り、

1名10,000円(税込・送料込)
にてセミナーにご参加いただけます。

先ほど紹介した豪華講師陣3名の話を、この金額で聞けるチャンスは…
今回が最初で最後となっています

ですので、是非とも院長先生には参加して頂きたいのですが、
ここでとても重要な注意事項をお話させて頂きます。

これは、どのセミナーでも同じですが、セミナー会場には収容人数の限界がある為、
お申し込みが遅れてしまうと既に満員御礼となっており参加出来ない危険性があります。

ですので、院長先生もご多忙の身であるとは思いますが、
このチャンスを逃すことないよう・・・
今すぐお申し込みされることをおすすめさせて頂きます。

2015年11月15日、この日院長先生が得ることのできるノウハウが、
貴クリニックを今より更に発展させて、
1億、2億と天井知らずで売上が伸びていくことをお約束して、
私からのお手紙を終わらせて頂きます。

最後までお読み頂き、有難うございました。

▼ セミナー情報 ▼
セミナー名 坂井歯科医院 患者様に愛され、求められ続ける歯科医院づくり1DAYセミナー

※セミナー後、懇親会を予定しております。
開催日時 2015年11月15日(日)in 東京

●開場受付:9時30分 ●セミナー:10時30分~17時30分
定 員 100名

※先着順となります。お早めのお申し込みをお願いいたします。
会 場 東京駅周辺を予定しております。

※会場は変更になる可能性がございます。
お支払い方法 銀行振り込み
価 格 特別価格 20,000円(税込)

※院長先生とご一緒にお越しいただけるスタッフの皆さまに限り、
1名10,000円(税込)にてセミナーにご参加いただけます。
▼ お申し込み ▼
日程
お名前 例)山田  例)太郎(全角)
フリガナ 例)ヤマダ  例)タロウ(全角)
医療法人名
例)医療法人 あいうえお会  ※医療法人の名称がある場合のみご記入ください。
貴院名 例)あいうえお歯科医院
Eメール 例)tdental@b-bnet.net ※半角英数字のみ
年 齢
都道府県  ※お選びください。
住所①
(市町村、町名)
例)千代田区神田須田町
住所②
(番地、ビル名)
例)2-2-5須田町藤和ビル
電話番号 例)00-0000-0000 (携帯可)
セミナー参加
参加人数
 人 ※ご本人様以外にご参加する方がいらっしゃる場合人数を入れてください。
▼ご家族・ご友人・ご同伴者様のお名前をご記入下さい(受付時に必要となります)
事前アンケート ▼当日お聞きになりたいことをご記入下さい
※事前にご要望をお聞かせ頂くことで、より有意義な情報や案件が
 ご紹介できる可能性がございます。是非ご協力ください。

※ボタンは一回だけでお願いします。

PAGE TOP