受付一つで医院の売り上げが変わる!スタッフが構築する医院コントロール術を公開!

まずはこちらの動画をご確認ください

歯科医院経営を成功させる最重要ポイントとして、
院長がいなくても問題なくまわっていく歯科医院作りが欠かせませんが、
その為にドクターや歯科衛生士の育成に力を入れている医院も多いかと思います。

しかし、意外と盲点になりがちで難しいのが歯科助手と受付スタッフの育成と活用法です。

特に受付に関しては専任のスタッフを設けていなかったり、
ただ単に受付業務をさせているだけにとどまっているのではないでしょうか?

しかし、本来、受付業務というものは…

医院経営の核となる業務が行える唯一無二のポジションなのです。

事実、後程ご紹介するある歯科医院では受付専任のスタッフを雇用し、受付ならではの業務を任せることによって、瞬く間に売り上げが上がっていき、今では年商9億円を超える歯科医院を構築していったのです。

また、既に専任の受付スタッフがいる歯科医院の院長先生も、
今までの経験から受付スタッフの仕事ぶりに満足がいかないこともあったかと思います。
でもご安心ください。

なぜなら今回のお知らせでは、どんなスタッフでも、あっという間に優秀な受付スタッフとなり医院経営の絶対的な戦力となる方法が語られるからです。

画像

はじめまして。歯科医療総研の寺尾です。

現在の歯科業界は、「スタッフの育成と活用」が大きなテーマとなっており、
スタッフ一人一人に医院の戦力として活躍してもらえるように日々、
試行錯誤されているかと思います。

ですが、院長先生も日々の多忙な業務の中、スタッフに対して、
どう教育し、コミュニケーションをとり、
どういう仕事を与えていくかというものを考えるのも大変なことかと思います。

ですが、ここをないがしろにすることはとても、もったいないことなのです。

なぜなら、歯科医院経営において「人」が占めるウエートは非常に大きく、
医療サービスを提供するのは、ドクターはもちろんのこと、
その他のスタッフに他ならないからです。

つまり、

医療サービスの質 = 人材の質

ということになります。

このように現在の歯科医院経営には、スタッフを上手く活用できているかどうかが、
歯科医院の運命を左右する一番の要素となっているのです。

また、私は仕事柄、多くの歯科医院の院長先生のお話を聞き、
スタッフさんの仕事ぶりも見させていただいておりますが、
そこで感じた人気の歯科医院の共通点といたしまして、
「受付での対応が非常に素晴らしい」ということが挙げられます。

そうです。

実は、歯科医院の役割の中でも特に売り上げを激増させる可能性を秘めているのが…

受付スタッフなのです。

受付の重要性とは?

歯科衛生士や歯科技工士あるいは歯科助手といったスタッフは、
独立した職種として定着してきましたが、
受付業務についての認識の度合いは他の職種に比較して遅れているのが現状です。

しかし、患者様の立場からすると、
受付の対応の良し悪しは歯科医院のすべてを判断されかねない重要なポイントです。

なぜなら、普通の会社や役所そして商店を訪れる人と異なり、
来院する患者様の大部分にとっては、
これから受けなければならない歯科医療の内容はほとんど未知のことだからです。

①どのような手続きをすればよいのか?②どのような心構えで受診すべきか?③この歯科医院はどのようなシステムで医療行為が行われているのか?

ですので、歯科医院のルールといったものを患者様に知らせる必要があります。

肉体的苦痛以外に、精神的不安を伴って訪れる患者様にとっては、
医院の扉を開けたそのときから、
その歯科医院のスタッフ一人一人の行動なり言葉が気になるものなのです。

このように、患者様に適切な指示や案内をしたり、
あるいは相談にのったりといったコミュニケーションをとることも受付の重要な仕事といえます。

つまり、受付というのは歯科医師と受診者との間のコミュニケーションの役割を果たす、「まず最初」の重要な存在なのです。

それだけに医師が高度で良質な医療を提供しようとも、
歯科衛生士が、迅速できめ細やかな診察アシストをしていたとしても、
受付スタッフの応対が悪ければ、そこで全て台無しになってしまいます。

そういう意味でも、受付というのは
“歯科医院の顔”といってもよいでしょう。

また、近年の歯科業界は競合の増加、
インターネットの普及による患者様の選択肢の増加などにより、
少しでもクリニックに対して患者様が嫌悪感を持てば、
すぐに別のクリニックに行ってしまう時代です。

画像

それだけでも多大なるダメージですが、現代は、
ブログ、mixi、ツイッター、フェイスブックなど、
個人があらゆる形で情報発信が可能な時代です。

「○○クリニックの受付、感じ悪い」

などと、つぶやかれてしまう可能性だってあるのです。
故に、受付スタッフの対応は医院の命運を左右する可能性も秘めているのです。

さらに、受付スタッフは患者様とのコミュニケーションから、
患者様の生の声と情報を掴み、
院内への問題提起と他スタッフへの助言ができるという貴重な仕事のできるポジションです。

他にも、事務的な仕事を任せることによって、
会計的な仕事、文書の管理、物品の購入と在庫管理、そして外部との連絡、交渉といったことも
院長先生の負担を減らすことができるのです。

うまく機能すれば、歯科医院自体が管理のいきとどいた活気のある職場となり、
よりよい環境を生み出すようになります。

では、どのように受付を効果的に機能させることができるのか?

そこで今回ご紹介したいのが、医院の年商を大幅に上げる可能性を秘める、
受付スタッフでまわる歯科医院の作り方が語られたセミナーです。

そのセミナーでは、絶対に受付スタッフにおこなってもらうべき業務内容と、なかなか難しい女性スタッフの育成とモチベーションアップの方法を徹底的にご紹介いたしました。

セミナーで語られたことは?

まずは、たった2年で院長不在でまわる歯科医院の仕組みを作り、
さらに8つの分院を立ち上げ、グループ年商9億円を誇る、
医療法人社団裕正会 元理事長 渡部憲裕先生が、裕正会で行っている、
「受付の活用で歯科医院が変わる医院コントロール術」をお話させていただきました。

渡部先生プロフィール

渡部先生が言うには、受付が必要な理由は大きくわけて3つあります。

①院長にとっての側面②歯科医院にとっての側面③患者様にとっての側面

受付というポジションは以上の3つの側面に左右する
非常に重要な役割を持っているというのです。

①院長にとっての側面

まず、「院長にとっての側面」といたしましては、歯科医院経営成功への絶対条件でもある
「院長が不在でも回る歯科医院」を構築する上でも重要な役割を担うことになります。

例えば、ドクターが受付をしたり予約電話を受けるという「作業」をすることは、
経営と治療において悪影響を及ぼします。

また、受付は院長と他スタッフへの調整弁となるような立場をとることができます。

やはり、スタッフはなかなか院長先生に直接本音をぶつけるのは抵抗があります。

受付が、院長とスタッフの間に入り人間的な調整弁となることで、
不満や悩みを抱えることなく、言いたいことを言い合える環境を作ることができるのです。

さらには、受付という業務に携わるスタッフ自身も自分の役割をきちんと理解し、
評価を得られる場があることによりモチベーションが上がっていきます。

②歯科医院にとっての側面

次に「歯科医院にとっての側面」ですが、
これは医院の現状の把握やマーケティングには欠かせない事務局的な要素になります。

受付台にいるからこそできる患者様と日々のコミュニケーションにより、
患者様情報を収集し、
問診表からも住まいや来院経路をデータ化し管理することができるのです。

そして、それらの情報ドクターやスタッフに発信し、
医院で患者様情報の共有をすることによって、
歯科医院そのものをコントロールしていくことが可能なのです。

これは、医院の問題点の洗い出しや、増患対策など、
歯科医院が成長していくのには欠かせない重要な業務となっていきます。

③患者様にとっての側面

最後に、「患者様にとっての側面」なのですが、これは冒頭でもお話しましたが、
患者様は、やはり受付は「歯科医院の顔」という認識を持っていますので、
受付の対応の良し悪しで、歯科医院全体を評価することになります。

そして、患者様の多くは、歯科医院=こわい(不安)という潜在意識をもっています。
そのため、受付スタッフには安心感を求めているのです。

そんな中…

歯科医院のイメージダウン

つまり、専任の受付スタッフが患者様をお迎えするだけでも安心感を与えることができるのです。
また、受付の接遇において、患者様により良いイメージを与える為の重要な仕事があります。

それは…

安心感を生むための「表情」「声」を作ることです。

常に口角が上がっている表情を作るのと、
声のトーンを優しい口調にすることを意識することで、
患者様が最初に持っている診療への不安感は、安心感を経て、
診療への期待感と変化していきます。

このように、受付の業務がもたらす医院への影響というものは非常に大きくなっているのです。

今回のセミナーでは、裕正会が実際に行っている、
情報収集・管理方法や受付スタッフの接遇・業務内容などを
余すことなくお話いていただいております。

さらに、このセミナーの特別ゲストとして、元スゴ腕TCであり、
現在は株式会社オフィスウェーブの代表取締役を務める澤泉仲美子先生をお呼びいたしまして、
「院長のセカンドをつくる スタッフ育成」についてお話していただいております。

澤泉先生は患者様への接遇マナーをはじめ、女性ならではの視点で、
女性スタッフの「心の教育」「働くモチベーション」をテーマに
全国を股にかけてセミナー活動を行っております。

さらには、そのスタッフ育成の手腕を発揮し、
東京の下町で廃院寸前だった歯科医院をみるみる立て直し、
今では半年先まで予約がビッシリという人気の歯科医院に成長させた実績もあります。

澤泉先生プロフィール

澤泉先生はこう言います。

スタッフのモチベーションが上がれば患者様への接遇も向上し、結果的に患者様に愛される歯科医院になっていきます。ですが、男性の院長先生だと、どうやって女性スタッフの仕事へのモチベーションを上げていき、教育していけばいいかわからないことだらけだと思います。しかしそれは、性別の違いがあるので仕方がないことかもしれません。ですので、今回のセミナーでは歯科での勤務経験があり、様々な歯科助手の声を聞いてきた私が院長先生に女性スタッフへの教育方法をお話しさせていただいたのです。

セミナーでは、女性スタッフの心とモチベーションのメカニズムを明らかにし、

どうしたら高いモチベーションで、仕事をしてくれるのか?どうやって女性スタッフとコミュニケーションをとっていけばいいのか?

などの、男性の院長先生からすると、
自分ではなかなか気づくことができない未知とも言える情報をお話ししていただきました。

例えば、スタッフの話を聴くにしても、
その聴き方一つで院長先生への印象と仕事へのモチベーションは大きく変わっていきます。

澤泉先生は聴く能力を「聴き力」と称し、
聴き力を3つのステージに分類しています。

『聴き力』3つのステージ

この中で、一番好ましくなく、男性にありがちなのがステージ1です。
これは、人の話を聴いていても自分の意見を押し出してしまう聴き方です。
このような聴き方ですと、特に女性とは上手くコミュニケーションをとることができません。

女性スタッフと関わりの多い歯科医院経営者の場合は、
少なくとも、話し手の感情を感じ取って聴くことのできるステージ2。
できれば、その場面の流れや空気などの全てを考慮した聴き方のできる
ステージ3の聴き力を身に着ける必要性があります。

ではどうやって、ステージ2とステージ3まで聴き力を上げていくのか?

それは、その話の事柄よりも「人」「気持ち」にフォーカスして聴くことが大切です。

つまり、話の事柄への質問などしなくていいのです。

人は理論だけでは動きません。
仕事上のパートナーだからこそ「人」にフォーカスすることが重要になってくるのです。

このように聴き力を上げることによって
「自分の話を一番聴いてくれる先生」になることができれば、
非常に円滑なコミュニケーションがとれるようになり、
モチベーションも上がっていき、
スタッフは自分と院長先生の為に日々の業務にあたってくれるようになるでしょう。

このように、このセミナーでは、受付スタッフが行うべき業務内容と、
男性院長では気づくことのできない女性スタッフのモチベーションアップ方法が語られているのです。

セミナープログラム

院長先生だけでなく、スタッフ自身にも見てほしい歯科医院が生まれ変わる究極バイブル。

ここまでご紹介させていただきました、
「受付スタッフでまわる歯科医院の作り方セミナー」ですが、
受付スタッフの活用を上手くできていなかったり、
女性スタッフのモチベーションが低いと感じている先生には、
是非とも見ていただきたいセミナーでした。

もし、今現在は何もしていない医院がこのセミナーで語られるノウハウを実践したらと考えると、

一体どれほどの凄まじい効果を
医院経営にもらすのか想像もつきません。

そこで今回、この「受付スタッフでまわる歯科医院の作り方セミナー」の映像を
DVD化することができました。

しかも!

今回は特別に医療法人裕正会の現役受付スタッフ自らが、年商9億円を支える受付業務の全てを解説したセミナー当日では語られなかった内容を収録して製作させていただきました。

このDVDで得られる情報は、貴方と医院、そしてスタッフの方々にとっても、
かけがえのない財産となることでしょう。

DVDの収録内容の一部を紹介しますと…

裕正会が行う受付への基本の仕事内容とは!?
グループ年商9億円を誇る裕正会が実際に行っている
受付スタッフの業務の全てを公開します。
受付が把握するべき医院情報の内容とは!?
受付スタッフだからこそできるデータ管理と、資料作成、
さらには情報の活用方法までを丸裸にします。
受付スタッフが構築する患者様とスタッフの関係性の全貌を公開!
受付だから、築ける患者様との関係、ドクターとの関係、衛生士との関係など、
院内・外でパイプ役として活躍してもらう為のポイントをお話しします。
受付スタッフが身につけるべき3つの能力とは!?
受付が目指すところはコンシェルジュのような、おもてなしの心をもった
対応力です。その為に欠かせない3つ種類の能力を解説します。
なぜ受付スタッフが必要なのか?全て説明します。
雇用を増やしてまで受付専任スタッフはなんで必要なのか?
もちろん理由があります。誰もが納得する受付の重要性をお話しします。
仕事における女性スタッフの心のメカニズムを明らかに!
歯科業界の女性スタッフは仕事をどう捉えているのか?
男性の院長が、気づけない心の内を解説します。
実例!歯科医院を変える女性スタッフの活動を公開!
貴方の医院の女性スタッフに是非とも見てほしい!実際に、向上心を持ち
日々の業務にあたっている歯科助手の活躍ぶりをお見せいたします。
医院を変える最重要ポイントであるモチベーションアップ法とは!?
モチベーションの効果を高く維持するにはポイントがあります。
良質なモチベーションを生み出す秘訣をお教えします。
院長の聴き力が握る!スタッフが育つ聴き方を大公開!
スタッフの話をちゃんと聴いているようで実は聴けていないものです。
聴くだけでスタッフが育っていくその秘密を明らかにします。

これらは、先生が得ることができる情報のほんの一例です。

DVDの内容は、先生が日ごろ学ぶ機会のない貴重な情報をふんだんに盛り込み、
なんと計133分にも及びます。

このDVDで語られている情報の全ては、貴医院をより強く、そして笑顔で溢れる医院へと成長させてくれることになるでしょう。

このセミナーDVDの価値は?

~院長が不在でもまわる歯科医院を実現するための~「受付スタッフで変わる歯科医院の作り方」

さて、このDVDの価格はいったいいくらなのでしょうか?

今回、ご案内させていただきました通り、
歯科医院で顔である受付が行うべき業務と接遇を事細かに解説し、
更にはスタッフのモチベーションアップの方法まで網羅した
類を見ない貴重なセミナーが収録されているDVDですので、
こちらのお値段は59,800円とさせていただきます。

しかし、一人でも多くの方にこのDVDを見ていただき、
歯科医院経営の更なる発展をしていただきたいのはもちろんのこと、
働くスタッフの方々が歯科医院の仕事に
誇りを持って臨める様になっていただきたいという気持ちもあります。

そこで先着100名様とはなりますが、今回は特別価格といたしまして、
34,800円でご用意させていただこうと思います。

さらに!!

セミナーのメイン講師である、グループ年商9億円を誇る、
医療法人社団裕正会 元理事長 渡部憲裕先生からDVD購入者様だけに特別プレゼント!!

なんと…

DVD購入者様だけの特別プレゼント

こちらを、CD-Rに収録してお付けしたいと思います!

さらに!!さらに!!

万が一DVDの内容がお気に召さなかった場合に備えまして、
90日間の返金保障をつけさせて頂きます!

90日間完全返金保証

お急ぎください。
なぜなら、このホームページは、私ども歯科医療総研で販売しているDVD講座をお申込み頂いた
合計1,527名の院長様にお知らせしているからです。

そして、このDVDは、
「受付スタッフが重要だとは思わない」「日々の業務が優先でスタッフ教育なんて必要ない」と
思っている先生に、生半可な気持ちで観てほしくないと思っていますので…

特別価格34,800円でご購入できるのは、お早目にご決断して頂けた
先着100名様までとさせていただいております。

「申し込みしようかな…」「どうしようかな…」と迷っていたら、
いつの間にか先着100名が埋まってしまい、
特別価格でご提供させていただくことができなくなる可能性もございます。

是非とも貴方には、DVDをご覧いただき、院長先生・スタッフ・患者様の全ての人が幸せになれる歯科医院を作っていってほしいと思っています。

~院長が不在でもまわる歯科医院を実現するための~受付スタッフで変わる歯科医院の作り方

お申込みはこちら


▼ご購入商品▼
商品名 ~院長が不在でもまわる歯科医院を実現するための~「受付スタッフで変わる歯科医院の作り方」
セミナーDVD
~院長が不在でもまわる歯科医院を実現するための~
「受付スタッフで変わる歯科医院の作り方」

特別価格 34,800円 キャンペーン価格⇒ 20,880円
申し込む(20,880円)+税・送料込

追伸:セミナー終了後の光景…

この度は、貴重なお時間を割いていただき、
このお手紙を読んでいただきまして誠にありがとうございます。

歯科医療総研の寺尾です。

今回ご紹介させていただきました、
「受付の活用で歯科医院が変わる医院コントロール術」のセミナーDVDなのですが、
実を言いますと私もセミナーの開催時には会場まで伺いまして、
セミナーの受講をさせていただいておりました。

セミナー講義は、ここまでご紹介させていただいた通り大変素晴らしかったのですが、
実は今回のセミナーでわたしの中で一番印象に残ったことはセミナー終了後の会場で起きました。

これはどういうことかと言いますと、
セミナーには院長先生お一人できている先生もいれば、
スタッフさんと一緒にいらっしゃられていた先生もいたのですが、
参加者様全員がとても優しい顔をして、帰り支度をしていたのです。

また、セミナーが終了し緊張と集中が解けた瞬間、
特にスタッフさんとご一緒だった先生のいる場所は笑顔と笑い声で溢れていました。

私もこれまで、様々なセミナーに参加していっておりますが、
このような光景は見たことがありませんでした。

個人的には、色んな意味で貴重な体験ができたセミナーだと思っております。

今回のセミナーは2013年の3月に行われたのですが、
その後、参加者の院長先生から
「一緒に参加したスタッフの仕事ぶりが明らかに変わった」
というようなお声もいただいております。

ですので、今回ご紹介したDVDは院長先生お一人で観ていただくのはもちろんいいのですが、
私はそれだけで終わってほしくないと思っています。

是非、スタッフさんとも一緒に観ていただければ幸いに思います。

最後の最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

「歯科医療総研」寺尾大五郎

購入する 購入する

「スタッフ育成」関連のDVDはこちら

PAGE TOP