2022年11月8日発売の最新作!

歯科医療総研オリジナルDVD 歯科特化型の会計士が教えるここだけの話 年商4倍を実現した歯科経営術3.0

年商1億円以下のクリニックの院長先生は必ずご確認ください。今のままだと…どう頑張っても必ず売上が頭打ちになってしまう理由とたった1つの解決策を歯科経営のプロ目線からお伝えいたします。

はじめまして、こんにちは。
歯科医療総研の山本です。

歯科医院を経営していく以上は、地域医療への貢献はもちろんのこと、院長先生が経営者である以上「売上アップ」も目指していく必要があると思います。

そこで知っておいてほしいのが、売上を伸ばす上で、多くの医院が突き当たる壁の目安が7,000〜8,000万円のラインです。

よく言われる年商1億円は全体の数%の限られた医院だけが到達できるもので、実際のところはこの7,000〜8,000万円のラインを超えられずに横ばいになってしまう医院が実に多いのです。

このように多くの医院が同じラインで頭打ちするということは、そこには共通点があります。

それは・・・
「院長が一人で頑張っている」というところです。

これは年商8,000万円以下の医院でも起きうることなのですが、業績と規模の拡大が順調に進むと、どうしても院長の力1人ではまとめきれなくなります。

マネジメントや経済の用語では「スパン・オブ・コントロール」と呼ばれていますが、一人の上司が管理できる人数には限界があるのです。

歯科医院でもそれと同じような「管理限界」がありまして…●チェア4台程度 ●患者さん10名程度

このくらいが院長先生1人の力で見切れる限界点であり、おおよそ年商7,000〜8,000万円のラインとなるのです。

これを超えると、院長1人では医院内の隅々まで目が届かなくなります。

患者様とスタッフの何気ない会話、スタッフ間の些細なコミュニケーション…さまざまなシーンでの把握できない事柄が増え、知らない間にトラブルが勃発して、時には取り返しのつかない事態にまで陥るのです。

統計的に見ると、この「管理限界」と院長先生の能力は関係がありません。

むしろ逆に、一人で何でもできる優秀な院長ほど深刻化するので気をつけるべき問題と言えるでしょう。

なぜならば、優秀な先生ほど、日々自ら勉強しレベルアップするため、気付かぬうちに他のスタッフ達とレベルの差が広がります。

その結果、「院長先生にしかできない仕事」ばかりが増えて忙しくなり、周りがその成長に追いつけなくなり、さらに院長依存が深刻になっていく悪循環となるのです。

さらに、院長先生が忙しくなればなるほど、スタッフとの意思疎通が取れずに業務が個別に進んでいきます。

「先生は忙しいからこんなこと聞けない」「先生って何を考えているだろう」と、スタッフや先生との間で分離が生じ、それぞれが自分の考えで勝手に行動し、医院内が混乱してバラバラになるのです。

医院の売上を伸ばしていく以上、今現在の医院年商が8,000万円以下であったとしてもいずれこの問題には直面しますし、すでに直面して頭を抱えている院長先生も多いでしょう。

では、この問題をクリアする為にはどうすればいいのか?

それはシンプルに「院長先生だけではなくスタッフを育てていくこと」です。

スタッフが成長していく体制や風土が医院にさえあれば、そもそも〝8,000万円の壁〟があることすら気付かず、順調なわりに院長先生もさほど忙しさを感じず、スムーズに医院の売上を上げていくことができ年商1億円への到達も可能になります。

もちろん、「売上げアップのためにはスタッフを育てればいいんです」だけでは漠然としているし、具体的に何を始めればいいかわからないでしょう。

そこで今回、その指針となる「歯科医院経営術」をお持ちの講師として、医科・歯科に特化した会計事務所「ネットワーク渡辺税理士法人グループ」(以下、渡辺会計さま)をご紹介します。

TAKAYUKI WATANABE PROFILE
渡辺 貴之

ネットワーク渡辺税理士法人グループ
代表 渡辺 貴之

プロフィール詳細を閉じる

大学在学中に公認会計士試験に合格し、卒業後は大手監査法人にてIPO(株式公開)支援に3年半ほど従事。米国留学(カリフォルニア大学バークレー校にて経営学を専攻)を経てネットワーク渡辺税理士法人に入社し、2018年より社長に就任。渡部憲裕が経営していた医療法人の裕正会のクリニックは全てこの渡辺グループのサポートにより実現した。特殊な歯科領域の税務や会計面での事業継承サポートを行い近年ではグループ全体で数多くの継承事例を作っている。

YOSHIAKI IWATA PROFILE
岩田 義明

ネットワーク渡辺税理士法人グループ
株式会社富士経営総合センター
コンサルティング事業部チーフコンサルタント
岩田 義明

プロフィール詳細を閉じる

30代より、コンサルティング会社にて、中小企業の経営支援に携わり、建設会社、自動車販売会社、製麺所、電子部品会社など、様々な中小企業の経営改善を経験。現在は医療機関の経営計画作りから、目標を設定、達成のための具体的な行動計画への落し込みまで実施。PDCAサイクルを回すことで改善活動を継続させ、医院の体質から収益性の改善まで幅広く行っている。

TAKAHIRO MURAKAMI PROFILE
村上 貴洋

ネットワーク渡辺税理士法人グループ
株式会社富士経営総合センター
コンサルティング事業部チーフコンサルタント
村上 貴洋

プロフィール詳細を閉じる

30代半ばより中小企業診断士として、多くの中小企業の経営支援に参携わる。弊社には2015年に入社。歯科コンサルタントとして、より良い歯科医院づくりに貢献すべく、日々各地の医院を訪問。顧客の経営状況に応じた積極戦略と改善戦略の策定をメインに、医院の強みを徹底的に活用したチームビルディング、幹部スタッフの育成を得意とする。
歯科経営をテーマにしたセミナー講師や、院内の研修講師としても活動している。大手企業数社にてプログラム開発、システム営業、店舗開発、新規事業開発を経験した後、中小企業診断士を取得。開業支援、地域ブランド化事業、中小企業の経営支援に従事しており、弊社に入社後はチーフコンサルタントとして、開業直後の歯科医院から、多拠点に展開する医療法人まで、規模に合わせた多様なコンサルティング経験を持つ。

渡辺会計さまは、ただ会計業務を代行するだけでない「戦略立案型」の会計事務所として、40年間以上に渡り、多くの医院の売上アップの戦略軍師として活躍されています。

外部から数字(お金)を伸ばすプロのコンサルタントとして、多くの医院の数字を見てきたからこそ、勝ちパターンを把握しており、現実を見据えた具体的な解決策を提案ができる。

今回、あえて歯科の院長先生ではなく、渡辺会計さまをご紹介した理由はここにあります。

そんな渡辺会計さまが実際に取り組み、スタッフを育成して、年商8,000万円の壁を超えるだけでなく、最大4倍にまで売上げアップすることに成功した方法を今回ご紹介したいのですが…

その方法とは、「ミーティング」です。

ここで「なんだ、ミーティングか…」と感じるのはごく自然な反応です。

しかし、どこよりも医院の売上アップに詳しい「数字のプロ」である渡辺会計のコンサルタントが、ありとあらゆる手法を試し、40年間たくさんの事例を知り、試した中で一番効果的だったのが、ミーティングだったのです。

もちろん既にミーティングをやっている医院もあるでしょうし、やらなくても今より売上は下がることはないかもしれません。

しかし間違いなく言えることは、渡辺会計さまがコンサルして1億円以上に成長した医院では、例外なくミーティングを取り入れていた、ということです。

こういった事実があるのですからミーティングを軽視することはしてほしくないと思ってます。

もちろん、なんとなく儀式的に報告会のようにミーティングをしても良い結果は得られません。

売上を伸ばし続けていたり、年商1億円を超えるような医院が行っているミーティングには共通項があります。

ですので今回は、売上を伸ばす為に必要なミーティングにおけるすぐに使えるポイントを3つお伝えします。

【①スタッフ全員が意見しやすい空気づくり】

売上が横ばいの医院の多くに共通するのは「スタッフが発言しない」という空気です。

これが改善できれば、一人ひとりが自発性を持つため、全体の効率が上がり、離職率も格段に改善します。

【②診療時間内で行う】

単純ですが、ミーティングを診療時間外で行うだけで全体の意欲は急激に低下します。

業務効率よりも「スタッフの意識」に常に焦点を当てた施策をすることで、結果的に想像以上の成果を得ることができます。

【③必ず期日と担当を決める】

売上アップのためには「院長フル稼働」の状態をなるべく避けることが鉄則です。

期日と担当を決め、役割分担を共有して「見える化」することで、曖昧な業務が減りスタッフの役割意識も向上します。

以上、今回は3つのポイントに絞ってわかりやすく身近な「ミーティング」という形でご紹介しましたが、まだまだ院長先生が知り得ないポイントやアイディアは幾つも存在します。

そこで今回、医院経営のプロ・渡辺会計さまの歯科経営術をミーティングだけでなく、総合的に体系化できないかと依頼し、見ていただければ売上4倍も可能となる動画教材としてリリースする準備がついに出来ました。

その動画教材の中で、ここだけでは紹介しきれなかった収録内容の一部をお伝えすると…

ブレット

このような、数字のプロとして数多くの医院をコンサルしてきた渡辺会計さまにしか語れない内容が271分にわたって解説されています。

さて、この動画教材の価格はいくらなのでしょうか。

もちろんこれらは40年以上に渡って歯科医院経営のサポート業務をおこなってきた渡辺会計の豊富な実績があってこその情報であって、著名な院長先生であっても知る由のない貴重な経営データなのです。

そんな価値ある内容が収録された動画教材ですので、値段には本当に悩みました。悩みぬいた末に、興味を持って頂いた先生には少しでも安く提供したいと思い34,800円を定価にしたのですが…

矢印

今回は先着100名様限定
とはなりますが
定価から更にお安くした
24,800円(送料込)の
超特割価格
でご提供させていただきます!

歯科特化型の会計士が教えるここだけの話 年商4倍を実現した歯科経営術3.0

購入する
WEB視聴する

矢印

他にも今回は特典として、講義で使用する
スライドデータを配布いたしますが、
それだけではありません。
なんと…
今回だけの超特別な特豪華典を
期間限定でお付けします。

購入特典

これからますます医院を大きくしていくことを考えると、導入するのは院長先生が直接手を掛けられる〝今〟しかありません。

スタッフが増えてから導入するのは更に時間も手間も
かかりますし、先に土台を作っておけば、新しいスタッフが入ってきてからもスムーズに、勝手にそのスタッフは
育っていきますので、お早めの導入をお勧めいたします。

矢印

限定での公開となるため、この動画教材を手に入れられる院長先生は限られています!

たった1本の動画教材が、貴医院に最高の未来を提供してくれることをお約束してご案内を終わらせていただきます。

最後までお読みいただき、有難うございました。

ご購入商品
商品名
歯科特化型の会計士が教えるここだけの話 年商4倍を実現した歯科経営術3.0

歯科特化型の会計士が教えるここだけの話
年商4倍を実現した歯科経営術3.0


特別価格 24,800円(税込27,280円)


申し込む(送料無料)

購入する
WEB視聴する

お電話でのご注文・お問い合わせはこちら

電話する

  • 現在多数のご注文を頂いておりますので、配送に1週間ほどお時間を頂く場合がございます。
    あらかじめご了承くださいませ。
  • お届けは佐川急便の代金引換にてお送りいたします。
    (手続きが完了次第、「発送完了メール」をお送りさせていただいております。)
  • 送信いただいた「個人情報」は、資料や情報の送付以外の目的で使用することはありません。
    個人情報のお取り扱いについてはこちらをご確認ください。
  • 受付は24時間365日可能となっています。
  • 国内のみの発送となります。

「スタッフ育成」関連のDVDはこちら

PAGE TOP