歯科医療総研オリジナルDVD 年商1億円クリニック構築&量産法

まずはこちらの動画をご確認ください

はじめまして、こんにちは。
歯科医療総研の山本と申します。

歯科業界において、年商1億円を超している医院の割合はわずか5%程度しかないというのはご存知でしょうか?

現在、厚生労働省の発表によると平成30年3月時点での歯科医院の数は約6万9000軒あるといわれております。

つまり、歯科医院の数はこれだけ多いにも関わらず、年商1億円を超している歯科医院は全国でも約3,500軒しかいないのです。

先生のクリニックにおいて年商1億円というのは、
現在すでに達成されている数字でしょうか?
それとも、達成することが少し難しい数字でしょうか?

当たり前のことですが、この違いにより
クリニックの将来は大きく変わっていきます。

なぜならば、数年後にご自身のクリニックが存続しているか、廃院しているかの違いとなって表れてくる可能性があるからです。

度重なる診療報酬のマイナス改定に、人口の減少や歯科医院の乱立などにより歯科業界を取り巻く環境は決して明るい未来といえたものではないと思います。

開業したものの3年以内に廃院してしまうクリニックも少なくありません。

ですので、先生のクリニックが年商1億円を達成していないのであれば今から話す内容は歯科業界で生き残るために知っておかなければいけないお話となります。

そして、年商1億円を達成しているクリニックもこれを学ぶことにより、更なる増益や分院展開をする際に非常に役立つことになると思います。

そこで本日ご紹介したいのが元裕正会 理事長で、ご自身も歯科医師として活躍しながら誰でも年商1億円を達成できるパッケージを作り上げた渡部 憲裕 先生です。

NORIHIRO WATANABE PROFILE
渡部 憲裕

医療法人社団 裕正会
元理事長 渡部 憲裕

プロフィール詳細を見る

激戦区の東京都において、開業わずか10年で8つの分院を作り、年商9億円を達成して、それを10年継続。現在は月の半分を海外で過ごすセミリタイヤを実現。自信の医院を全て売却・継承し、自身の経験を元にセミナー活動を行い、優秀な歯科医師の発掘やプロデュースなどを手掛ける。自身と同じようなライフスタイルを目指す歯科医師を育成するために、ライフプランニングサークル「シャラク」を運営。オーナー型歯科医院運営や仕組みを所有するためのノウハウを提供している。

■ 経歴

1986年
鶴見大学歯学部卒
1986年
昭和大学歯学部 第一口腔外科入局
1987年
渡部歯科医院開設
1992年
医療法人社団 裕正会 設立
1992年
イースト21デンタルオフィス開設
1994年
新宿パークタワー歯科開設
1996年
東京オペラシティ歯科開設
2001年
トピレック歯科開設
2002年
品川シーサイド歯科開設
2003年
汐留シティセンター歯科開設
2004年
品川シーサイドイーストタワー歯科開設
2010年
7医院グループ併せて15医院
2011年
医院の継承をスタート
2016年
すべての継承が完了 マレーシアへ移住
現在に至る

■ 海外研修実績

  • ニューヨーク大学インプラント認定コース
  • ハーバード大学インプラントコース
  • ペンシルベニア歯科捕綴コース
  • クリニカマロ(リスボン)All-on-4コース
  • シンガポール・韓国において骨再生治療(GBR)研修

■ 学会等

  • 米国歯周病学会員
  • 米国審美歯科学会員
  • 日本顎咬合学会員認定医
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 日本審美歯科学会会員 他

■ 講演・活動

  • 自身の医院を売却・継承をしていき、現在はセミナー活動を通じ、優秀な歯科医師の発掘やプロデュースなどを手掛ける。
  • 自身と同じようなライフスタイルを目指す歯科医師を応援するため、ライフプランニングサークル「シャラク」を主催。
  • オーナー型歯科医院経営、所有の仕組みやノウハウを提供。

渡部先生は年商1億円を達成する方法を熟知しており、
本院の成功条件を集約した年商1億円パッケージをそのまま分院に落とし込むことで、これまでに経営していた9つの医院を全て年商1億円以上に導いてきました。

これは・・・1億円クリニックを作り上げた数として日本一の実績です。などとお考えではないでしょうか?

他にも「規模が大きくないと無理」とか「診療時間を伸ばして休日も開けないと厳しい」と考える先生もいますが、

特に自費率の向上はクリニックの環境を変える必要がないので取り組みやすく、手っ取り早いと考えている院長先生が多いように見受けられます。

しかし、それはクリニックの売上を下げる原因にもなり得るのです。

今、先生方のクリニックに通院していただいている患者様の治療内容の内訳は自費よりも保険診療の割合の方が多いところがほとんどだと思います。

つまり、患者様は自費治療を求めて通院をしているわけではないということが言えます。

ですので、自費率を上げようと頑張って提案を続けていると、既存の患者様は提案されることに嫌気が差してきて次第にクリニックから足が遠のく結果となっていくのです。

先ほど申し上げた「自費率の向上は環境を変えずにできる」というのはクリニック側だけの考えであって、患者様にとっては「自費の売り込みをされるクリニック」という印象になってしまうのです。

と、ここまで自費は必要ないと言わんばかりの話をしていましたが、すみません、自費もやはり多少は必要です。

しかし、頑張って無理な提案までする必要がないということです。

ここで、実際に元裕正会のクリニックの、ある1か月の売上内訳をお見せします。

ご覧いただけば分かると思いますが、自費率は20%と決して高くありません。

現在、歯科業界では各地で自費率アップセミナーが開催されていますが、そういったセミナーでは自費率40~50%を目指したりしていますので、それに比べると圧倒的に少ないですよね。

特に自費の提案をしなくても、20%程度であれば既存の患者様に自然に行っていても達成できるくらいの自費率です。

それにも関わらず、年商1億円達成の最低ラインとなる月間の売上840万円を超えています。

つまり、自費率にこだわらなくても売上を伸ばし、年商1億円は達成できるのです。

渡部先生いわく、
年商1億円を達成するために必要なのは特別な技術やサービスなどではなく、クリニックを運営するためのパッケージこそが必要になってくるとのことです。

そして、それこそが1億円クリニックを量産してこれた理由だといいます。

なぜ渡部先生はたった一人で9つの医院を年商1億円以上に導くことができたのでしょうか?

例えば、あの世界一有名なアメリカの大手ハンバーガーチェーン店の場合で考えてみましょう。

あのハンバーガー店では、何かに特化した商品があるわけでもなく、特別な待遇を受けられるサービスがあるわけでもないにも関わらず、お店にはいつもお客様が入っている状況を作れています。

では、お客様は何を求めてお店に足を運んでいるでしょうか?

「あそこの店舗のハンバーガーの味が忘れられない」
「○○店の店長が揚げたフライドポテトが食べたい」
などと考えてあのハンバーガー店に足を運ぶお客様はいないと思います。

むしろ、ファーストフードは身体に良くないとさえ言われていますからね。

それよりも、すぐに商品が出てきて手軽に食べれたり、車から降りずに買うことができたり、友人同士で話せる場所として利用することに期待して入る方が多いのです。

これまでに、飲食店で入るのに時間がかかって帰ってしまったり、料理の提供に時間がかかって待ちくたびれたり、以前来たときと味が変わった気がするといって裏切られたような気持ちになった経験はありませんか?

そして、そういった経験をしたお店にまた今度来ようという気持ちにはなかなかなりませんよね。

しかし、あの世界一有名なハンバーガー店ではそういったお客様の期待を裏切ることが少ないのです。

行きたいと思った時にお店に入れて、商品の提供時間で待つことがなく、味もいつもと同じ味を提供し続けることができるという状態を、一定以上の質を維持したまま継続しています。

しかも、それを店長がいなくても、高校生のアルバイトだけでも提供し続けることを可能としているのです。

これと同様に、渡部先生のクリニックでも院長の能力に頼らなくても収益が上げられるように、勤務医やスタッフに任せても業務がうまく機能するマニュアルをパッケージに取り入れました。

このパッケージでは、勤務医や歯科衛生士・助手、受付それぞれが行うべき仕事内容をマニュアル化し、誰が行っても同じサービスを提供できるようにすることで患者様の期待を裏切ることなく、いつでも一定以上の価値を提供できるようにしたのです。

近年どの業界でもそうですが、
「ライバル医院との差別化ができないと生き残れない」と言われています。

その差別化の手段として真っ先に思いつくことといえば、何かに特化した治療技術を身につけることと思うかもしれません。

実際に、それを裏付けるかのように治療技術を高めるためのセミナーも多数開催されています。

特別な技術を駆使した治療を行い、専門的な説明をしたところで、院長に依存するクリニックでは待ち時間が長いなどと患者様が不快に感じた時点でもう二度とリピートすることはないかもしれません。

現状、院長先生ご自身で長時間診療していて、利益が頭打ちとなっていらっしゃる先生も多いのではないでしょうか。

そんな先生が今学ぶべきことは、院長だけができる最新の治療法や特化した技術ではなく、いつ来院してもどの先生に治療してもらっても常に一定以上の価値を患者様に提供できるようになるパッケージなのです。

この話を聞くと、ご自身の考えで一から色々試して独自のパッケージを作りたいと仰る先生も いらっしゃいますが、

昨今の競争の激化によりそんな時間的な余裕はありませんし、すでに成功例があるのにわざわざそれを取り入れない理由もありません。

渡部先生も、最初から医院経営に成功していたわけではなく、父から医院を受け継いだ当初は特に戦略も考えずに医院経営を行い、廃院の危機を迎えたこともあったそうです。

しかし、そこから何年もの時間とお金をかけて、
「勤務医や歯科衛生士、受付それぞれがどのような働きをすれば院内がうまく機能するのか」
「スタッフが辞めない為の取り組みをどう行うか」
「立地がどのように集客や求人の募集に影響するのか」
等の試行錯誤を繰り返しながらやっと現在のかたちにたどり着いてきました。

そして、分院展開する際にこのパッケージを丸々コピーして取り入れたところ、スタッフはマニュアル通りに動けば良いだけなので負担もなく、誰が行っても年商1億円を達成することができていったのです。

その結果、日本で一番、年商1億円クリニックを作り上げた先生となったわけです。

ですので、先生が今さら時間とお金をかけるリスクは必要なく、
すでに完成されたこのシステムをそのまま真似して取り入れることが、貴医院が院長不在でも生産性のある運営を実現する最速最短の方法となるのです。

実際に、あの大手ハンバーガーチェーン店が店舗を展開していく際にも約70年前に開発された店舗運営のパッケージが今もなお取り入れられています。

それほど完成されたパッケージというのはそれ自体が強みであり、年商1億円を達成することだけに特化したパッケージなので、これを学んだクリニックは、あとは真似をして取り組むだけで良いということです。

そもそも、なぜ年商1億円を目指す必要があるのか。

冒頭で、年商1億円を達成しているか、していないかで数年後に廃院か存続かの違いとなって表れると言いました。

「年商1億円もいらないから、食べていける分くらいで細々と長くやっていければいいよ」なんて先生もたまにいらっしゃいますが、そのままだと細く短くで終わります。

脅しのような言い方になってしまいましたが実はこれ、本当に脅しではなく、実際にそれを表すデータがあるのです。

2008年に発行された日本歯科医師会が編集する歯科医療白書に掲載された一部を引用させていただきます。

このように、年商1億円以上でもほぼ現状維持か微増、年商1億円未満は減収傾向にあるのです。

つまり、今後も歯科業界で生きていくためには、
年商1億円というのは目標ではなく、最低ラインでなくてはならないのです。

この先の10年間で確実に生き残れているクリニックは、冒頭でもお伝えした年商1億円を達成している約3,500軒だけと言っても過言ではないでしょう。

それ以外のクリニックは今後10年の間に、新規開業のクリニックに取って代わる可能性がいつ訪れてもおかしくないのです。

そして、もう一つ伝えておかなければならない大事なことがあります。

それは、

年商1億円を達成しても手元にお金が残らないと意味がないということです。

渡部先生の年商1億円パッケージでは、収益に対しての経費や人件費などの資金繰りも事細かく計算されているので、手元に2,000万円も残すことができるのです。

よく年商1億円を達成するための技術セミナーや講演会などは開催されておりますが、

年商1億円を達成しながら、ハッキリと2,000万円が手元に残ると断言し、その方法までを語っている先生は日本で唯一、渡部先生だけです。その理想の収支を表したデータがこちらです。これは年商1億円パッケージを使えばこのような結果になりますという想定のデータですが、自費に依存せず、2,000万円しっかりと残っていますよね?

年商がいくら良くても、手元に残る金額が少なければ資金はショートしてしまいます。

開業後、順調に収益が出だして年収1,000万となった先生なども一時は裕福な思いができるかもしれません。

しかし、それだけでは新たな設備投資や、自己研鑽のための投資はおろか、返済だけで手一杯になっていき段々と資金難に苦しむようになっていきます。そして、利益の出ないクリニックは競争に勝てなくなります。

そうなると気力も体力も無くなっていき、結果的に借金を残したまま廃院し、どこかのクリニックで勤務医に逆戻りというルートを辿ることになるでしょう。

そうならないために、院長収入はしっかりと確保できるパッケージを取り入れないといけません。

渡部先生が理想とし、実際に行っていた方法は、
難しい自費に特化するわけでもなく、
診療時間を伸ばすわけでもなく、
最新の機材や治療法を導入するわけでもなく、
院長が一人で頑張るわけでもなく、
大量のドクターを雇って規模を拡大するわけでもなく、

無理せず営業しながら楽に1億円を達成でき、さらに2,000万円を残すパッケージ型のクリニックなのです。

そして、手元に2,000万円を残すということは、院長だけに関わることでなく、ご自身の家族やスタッフを守るということにも直結するということを忘れないで下さい。

このパッケージを真似するだけで、誰でも年商1億円を達成できるようになります。

先ほどから、手元に2,000万円残す方法や、そもそも「年商1億円パッケージ」の話など、なぜそんなことをライバルに教えるのかと思われたかもしれませんが、

それは、渡部先生がご自身で経営していたクリニックを全て売却・継承し、既に歯科医師を引退しているからです。

渡部先生のクリニックでは最新の治療法や特別なサービスなど、特段変わったことは行っていなかったにも関わらず、9つの医院を全て売却するだけの魅力がそこにあったということです。

その理由はもちろん、年商1億円を達成していながら、手元に2,000万円が残っているのを目の当たりにしていたからだと思います。

既に引退していると言うと、
「過去に歯科業界が潤っていた時代だからできたんじゃないですか?」とツッこまれることもあるそうです。

しかし、渡部先生のクリニックを買ってくれた先生が1億円パッケージをそのまま取り入れた分院を展開したところ、たちまちそのクリニックも年商1億円を達成したといいます。さらに、売却・継承した全てのクリニックは、現在もなお年商1億円を下回ったことがないそうです。つまり、渡部先生が管理していたからというわけではなく、院長が誰であろうとこのパッケージは有効であるということです。

今、この「年商1億円パッケージ」を手にすれば、
明日からでも貴医院で実践できる内容が詰まっています。

今回、歯科業界をまた盛り上げていきたいという思いから渡部先生は「年商1億円クリニックの構築と量産」の方法を伝えるセミナーを開催しました。

東京駅近くの100名定員の会場にて開催を呼びかけたところ、2週間足らずでお申込みが殺到し、急きょ追加講演を開催するほど大反響を呼んだセミナーとなりました。

そして、多くの先生方に是非とも見ていただきたいという思いから、この度DVD化をすることが決まりました。

このDVDで得られる内容の一部を紹介すると…1.年商1億超え医院とそれ以外の医院に生じる決定的な差とは!?
年商1億円に達していないクリニックには売上が伸びていかない原因となる、ある共通点が
ありました。その共通点と打開策について解説していただきます。
2.年商1億円を達成するために重要な5つのポイントを公開!
これを知れば一気に年商1億円が近づいてくるかも!?
抑えておくべきこの5つのポイントについて、それぞれ詳しく解説していただきます。
3.自費に頼らなくても年商1億円超えができるその方法とは!?
自費率に捉われすぎて見落としがちになっているかも!?
今後、本当に必要となる患者層についてお話いただきます。
4.院長不在でも医院の売り上げが成長!その理論とは!?
院長がずっと一人で頑張るのには限界があります。
即日、実践可能な勤務医だけで稼げるようになる仕組みを公開!
5.1億円クリニックに必要な3つの施策とは!?
クリニック改善の余地はこんなにもあった!?
まだまだ年商1億円を達成するチャンスはたくさん残されています。
6.2,000万円の収入が得られる!そのパッケージを全て公開いたします!
収益に対して適切な支出となっているかが鍵となる!?
コストとは違う無駄の無い投資で最大限の利益を生み出すパッケージについて解説していただきます。
7.1億円クリニックに必要な60%スタッフのススメとは!?
スタッフのモチベーションの差が激しい今の時代に合致した、渡部先生のスタッフ育成術を
一挙公開!
8.分院展開も楽にできる、1億円パッケージの全貌を公開!
ただ無意味に増やすのではなく、なぜ増やすのかをしっかりと考えることが大切です。
その理由と1億円パッケージを使った分院展開の方法について解説していただきます。
9.年商1億円を達成した先に見えてくるものとは!?
最終目的を決めるのは院長先生ご自身です。年商1億円を達成してどうしたいか、いつまで現役の歯科医師でいたいのか。年商1億円を達成するとさらに視野と選択肢が増えていきます。仕事と人生をより充実したものにするための方法を、引退後に海外移住を果たした渡部先生にお話いただきます。

上記は、セミナーで公開した内容の一部となっておりますが、渡部先生がこれまでに経験し、改良に改良を重ねた最善のクリニック経営法を余すことなくお話いただいております。

「がむしゃらに頑張って結果的に得られた年商1億円」ではなく、「しっかりとした理論に基づいて得た年商1億円」ができるようになります。

この両者の一番の大きな違いは、継続性があるかどうかです。

理論が分かっていないまま頑張って年商1億円を達成しても、体力が続かなくなりますし、継続ができなくては意味がありません。

これを学ぶことで院長先生の資金、体力、精神面に余裕が生まれることになると思います。

さて、このDVDに価格をつけるとしたらいくらになるのでしょうか。

この年商1億円パッケージは日本一、1億円クリニックを量産した渡部先生による完成品となっており、貴医院で取り入れて真似をするだけで事業が成長していきます。さらに今後、何年先までも使い続けていくことのできるパッケージとなっています。

ですから、普通に考えれば高額になるのですが、渡部先生の年商1億円を達成する為のノウハウに興味を持っていただいた先生には少しでも安く提供してクリニックを発展へと導いてほしいと思い54,800円で提供させていただきたいと思うのですが・・・

矢印

今回は先着100名様限定
とはなりますが定価から更にお安くした
34,800円(送料込)の
超特割価格
でご提供させて頂きます!

年商1億円クリニック構築&量産法

購入する

矢印

しかも!!

DVD購入者様だけに2大特典をプレゼントしております!特典①渡部先生当日使用 レジュメセミナー当日使用していた、各種貴重な情報が詰め込まれたレジュメを特典としてCD-Rに収録!特典②渡部先生によるアンケートへの回答を追加収録!セミナー当日、アンケートなどで寄せられた質問に具体的に回答いただいた様子を収録!

矢印

さらに!!

今回のDVDには先生にとって
ノーリスクとなる
90日間の返金保証まで
つけさせていただきます!!

90日間完全返金保証

限定での公開となるため、このDVDを手に入れられる院長先生は限られています。

「どうしようかな?」と迷われているなら、
今すぐお申込みを下さい。
申し訳ございませんが、この方法を手に入れられる人数が限定となっているため、
あまり迷っていただけるお時間はありません。

貴クリニックに最高の未来を提供してくれることを
お約束してお手紙を終わらせて頂きます。
最後までお読み頂き、有難うございました。

ご購入商品
商品名
年商1億円クリニック構築&量産法

年商1億円クリニック
構築&量産法

特別価格 34,800円 +税

申し込む(34,800円)+税・送料込み

購入する

お電話でのご注文・お問い合わせはこちら

電話する

  • 現在多数のご注文を頂いておりますので、配送に1週間ほどお時間を頂く場合がございます。
    あらかじめご了承くださいませ。
  • お届けは佐川急便の代金引換にてお送りいたします。
    (手続きが完了次第、「発送完了メール」をお送りさせていただいております。)
  • 送信いただいた「個人情報」は、資料や情報の送付以外の目的で使用することはありません。
    個人情報のお取り扱いについてはこちらをご確認ください。
  • 受付は24時間365日可能となっています。
  • 国内のみの発送となります。

「スタッフ育成」関連のDVDはこちら

PAGE TOP