緊急開催!Withコロナ時代の歯科訪問診療の役割と行うべき感染対策WEBセミナー

新型コロナウイルスによる感染症の問題などの影響により
訪問数が激減している医院も多いのではないでしょうか?

なかには
施設への訪問を制限されたり、
高齢者の居宅への訪問を断られたりと、

スタッフの頑張りだけではどうにもならない問題に直面している先生もいらっしゃることでしょう。

もちろん、大切なスタッフの感染リスクも見逃すことはできません。

しかし、
「今はこんなときだから仕方ないよ」
とか
「少しすればまた元通りになるから我慢しよう」
と何もせずあきらめていないでしょうか?

それでは取り返しがつかないことになるかもしれません

今後、

歯科訪問診療のあり方が大きく
変わっていくからです!

今でこそ、一時の緊張感が緩みつつありますが、
いつまた感染が拡大するかもしれません。

先が見えない不安定な状況は今後いつまで続くか予断を許さない状況です。

そしてひとつ間違いなく言えること、

それは昔と同じように戻ることはない!と言うことです。

このような現状を嘆くよりも、

他の医院に先駆けていち早く対策を講じ、
適応していくことが大切です。

では具体的に何を変え、何を行っていけばよいのでしょうか?

今でこそ収束へ向かいつつあるような印象を受けますが、
第二の波が押し寄せてくるかもしれませんので、
まだまだ気を抜くことはできません。

だからといって、
手をこまねいていてよいはずがありません。

歯科医院が生き残っていくためには様々な施策を
講じていかなくてはなりません。

 

はじめまして、
歯科医療総研の山本です。

冒頭でもお話したとおり、
新型コロナウイルスによる感染症の問題で、

歯科医院経営において一番大きな影響を受けているのが「歯科訪問診療」ではないでしょうか?

巷では、
高齢者への感染では重症化のリスクが高いとか、
施設などでひとたび感染者が出れば、
クラスター化することが考えられるなど、

訪問スタッフも含め、外部との接触を減らす動きは
全国的なものではないでしょうか?

これでは、売り上げの大幅な減少は避けられません!

難しい舵取りを迫られている先生も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、それ以上に注視すべきことは、

口腔のケアが滞ってしまうことによって患者様が負うリスクについてです。

先生は、
「地域の患者様の命と笑顔の生活を守る」
という大きな責任と使命感を感じながら、
日々訪問診療に従事されていることと思いますが、

訪問がストップすることでこの大切な命のバトンが途切れてしまうことになったとしたら、後悔しても後悔しきれません。

何とかして患者様を守り、スタッフを守りながら
この大切な歯科における命のバトンをつなぐ
ためには
具体的に何を変え、何を行っていけばよいのでしょうか?

そこで、
今回のコロナウイルスの感染症の問題に対して
いち早く対策を講じ、
素晴らしい成果を挙げている

医療法人仁慈会 太田歯科医院 の事例を
ご紹介させていたけることとなりましたので
WEBセミナーを開催させていただきたいと思います。

今回、このWEBセミナーで講師を務めてくださるのは、
医療法人仁慈会 太田歯科医院 副院長で
歯科訪問診療センター長の田實 仁 先生です。

MEGUMI TAJITSU PROFILE
田實 仁

医療法人仁慈会 太田歯科医院
歯科訪問診療センター長
田實 仁

プロフィール詳細を見る

鹿児島大学卒業後、太田歯科医院へ入局。
太田歯科医院の歯科訪問診療を黎明期より支え、現在は理事長を務める太田博見先生と共に二人三脚で今日の成功の基礎を作ってきた。患者様に寄り沿う医療を常に心がけ、多くの信頼を獲得している。摂食嚥下では日本有数の症例数を誇り講演実績など多数。

太田歯科医院の歯科訪問診療センターは、
毎日およそ100件の訪問を行い、毎月50件以上の訪問以来が舞い込みます。

田實先生は、歯科訪問診療センター長として、
先頭にたって30名以上のスタッフをまとめています。

そんな太田歯科医院では。
今回の新型コロナウイルスの感染症の問題が顕在化した段階で
早期に対策を講じ、

主治医や、施設関係者、ケアマネージャーさんたちから大きな信頼を獲得することに成功したというのです。

そこで、
明日からできるWithコロナ時代の歯科訪問診療の
役割と行うべき感染対策
について、
具体的にお話していただきます。

また、感染対策を共有したことで診療継続できた実例もご紹介いただいき、対応のポイントなどを挙げて考察していただきます。

今回は、
感染予防の観点からだけでなく、
多くの先生のお役に立てばという田實先生の想いをうけて
WEBセミナーとして開催させていただくこととなりましたので
お好きな時間に、お好きな場所でご覧ください。

セミナーでは、
太田歯科医院の歯科訪問診療センターが実際に行った具体的対策をいち早く、詳しくご紹介いただきます。

具体的には、

5つのポイント

など、今すぐやるべきことを詳しく解説していただきます。

先生の医院でもすぐに始められるものばかりですので、
ぜひこの機会に学んでいただきたいと思います。

WEB視聴セミナーへの参加方法は?

今回の「Withコロナ時代の歯科訪問診療の役割と行うべき感染対策WEBセミナー」ですが、

ぜひとも多くの先生にご覧いただき、今何ができるのか?何をするべきなのかを一緒に考えたいと思います。

お忙しい先生でも、場所や時間を選ばずにご覧いただけるように、
WEBセミナーとさせていただきますので、
お好きな時間に、お好きな場所でご覧ください。

10,000円(税抜)と
させていただきます。

参加費も今回は
10,000円(税別)とご覧いただきやすい
金額にさせていただきます。

また、
「太田式 Visit dental treatment」
の会員様に限っては、
特別価格5,000円(税別)で
ご案内させていただきます。

セミナーはWEB視聴のみとなりますので
以下の簡単な視聴条件をご確認のうえお申し込みください。

WEBセミナー視聴について

WEBセミナーは

「6月25日」「6月26日」「6月27日」
「6月28日」「6月29日」の5日間限定で
配信いたします。

この5日間の間で先生のお好きな時間に
お好きな場所からご視聴いただけますので
お忙しい先生も参加しやすくなっております。

※セミナーの時間は1時間~2時間程度の予定です。
※状況によって配信時期が遅れる可能性もございます。
予めご了承ください。

セミナーに申し込む

今、このような時だからこそ、
きちんと対策を講じることができるかどうかで
今後の明暗を分けると言っても過言ではありません。

5日間視聴できるWEBセミナーですので
お忙しい先生も是非ともこの機会に
ご参加していただければと思います。

お申し込みをお待ちしております。

Withコロナ時代の歯科訪問診療の役割と行うべき感染対策WEBセミナー

講師 医療法人仁慈会 太田歯科医院 副院長
歯科訪問診療センター長 田實 仁 先生
参加方法 WEB視聴のみ
視聴可能
日時
6月25日(木)10時~6月29日(月)24時 ※セミナーの時間は1時間~2時間程度の予定です。 ※状況によって配信時期が遅れる可能性もございます。予めご了承ください。
参加費 一般の方 10,000円(税抜)
太田式 Visit dental treatment会員の方 5,000円(税抜)

WEBセミナー視聴について

セミナーに申し込む

PAGE TOP