なぜ導入1ヶ月後から80%もの患者様がリコールするのか?世界特許を取った技術により「痛くない」「色戻りしない」「再石灰化」を実現した分割ポリリン酸を使ったホワイトニングによる新しい予防診療の仕組みを公開します!

2017年秋。日本政府から、私たち日本人の生活を大きく変える発表がなされました。

年金受給時期に70歳からの追加を検討

本来、年金というのは、世間一般的な退職時期である60歳から支給されるものでした。しかし、長年続く不景気によって、過去何度も改定が行われ、受給時期が65歳となり、そして遂には70歳が加わろうとしているのです。

その結果、現在では60歳を過ぎた後も働くか、退職後に新しい働き先を求めて就職活動を行うかの二択となっております。

労働省の発表によると、来年には60歳以上の7割が就業する見込みとなるそうです。当の本人たちに取ってみれば、体の自由が効かなくなってからも労働を強いられるのはたまったものではないでしょう。

しかし、彼らの意向に反して政府は「働き方改革」と称し、高齢者向けの就活セミナーを開催するなど、高齢者就業促進を応援する動きを見せています。

年金受給時期の引き上げによって、働かなくては生きていけないとは言え、本当にこれで良いのでしょうか。国の意向に身を任せてしまうと、死ぬまで労働を強いられる人生で終わってしまうのは目に見えています。

とは言え…年金、退職金を軸に老後のライフプランを考えてきた会社員であれば、こうするしか方法は他にないでしょう。

ただ、院長先生に関しては話が異なります。

会社に雇用されるのではなく『歯科医院』という自らの城を構え、自身の手腕で生きていくことを選んだ院長先生には、例え、この先、日本の年金制度がどのように変わっても、65歳までの働き方を変えることで、65歳からの生き方を大きく変えることが出来るのです。

今日は、その方法をお話させて頂きます。

ご挨拶が遅れました。私、歯科医療総研の山本と申します。

本日ご紹介させて頂くのは、50歳という若さで歯科医師をセミリタイアして、今では歯科医師時代に築き上げた8つの分院の売却、継承を成功させることで、今では時間的にも経済的にも自由な生活を手に入れた大型医療法人元理事長の渡部憲裕氏です。

PROFILE
渡部 憲裕

医療法人社団裕正会
元理事長 渡部 憲裕

プロフィール詳細を見る

激戦区の東京都において、開業わずか10年で8つの分院を作り、年商9億円を達成して、それを10年継続。現在は月の半分を海外で過ごすセミリタイヤを実現。自信の医院を全て売却・継承し、自身の経験を元にセミナー活動を行い、優秀な歯科医師の発掘やプロデュースなどを手掛ける。自身と同じようなライフスタイルを目指す歯科医師を育成するために、ライフプランニングサークル「シャラク」を運営。オーナー型歯科医院運営や仕組みを所有するためのノウハウを提供している。

■ 経歴

1986年
鶴見大学歯学部卒
1986年
昭和大学歯学部 第一口腔外科入局
1987年
渡部歯科医院開設
1992年
医療法人社団 裕正会 設立
1992年
イースト21デンタルオフィス開設
1994年
新宿パークタワー歯科開設
1996年
東京オペラシティ歯科開設
2001年
トピレック歯科開設
2002年
品川シーサイド歯科開設
2003年
汐留シティセンター歯科開設
2004年
品川シーサイドイーストタワー歯科開設
2010年
7医院グループ併せて15医院
2011年
医院の継承をスタート
2016年
すべての継承が完了 マレーシアへ移住

■ 海外研修実績

  • ・ニューヨーク大学インプラント認定コース
  • ・ハーバード大学インプラントコース
  • ・ペンシルベニア歯科捕綴コース
  • ・クリニカマロ(リスボン)All-on-4コース
  • ・シンガポール・韓国において骨再生治療(GBR)研修

■ 学会等

  • ・米国歯周病学会員
  • ・米国審美歯科学会員
  • ・日本顎咬合学会員認定医
  • ・日本口腔インプラント学会会員
  • ・日本審美歯科学会会員 他

■ 講演・活動

・自身の医院を売却・継承をしていき、現在はセミナー活動を通じ、優秀な歯科医師の発掘やプロデュースなどを手掛ける。

・自身と同じようなライフスタイルを目指す歯科医師を応援するため、ライフプランニングサークル「シャラク」を主催。

・オーナー型歯科医院経営、所有の仕組みやノウハウを提供。

渡部氏は、歯科医師資格を取った後、二代目院長候補としてお父様の経営される歯科医院に入ります。しかし、その直後にお父様が過労で倒れてしまい、現場への復帰が困難な事態となってしまったのです。

このような状況になった時、多くの院長先生は…

父親の歯科医院を何とかしなければ

ということでしょう。勿論、渡部氏もそのように思ったのですが、彼はそれだけでなく…

生涯、働きづめの経営システムでは歯科医師はボロ雑巾になって消えるだけだ…

と、歳を取っても身を削って働かなければ収入の発生しない歯科医師の在り方に危機感を覚えたのです。

そこで彼は、経営的な観点から歯科業務を見つめ直し、分院を展開し、その平均年商を1億円以上に伸ばした後、分院を継承、売却することで、歳を取った際に、自分が現場に立たなくても収入が発生する仕組み作りに専念します。

結果、彼は10年で8つの分院を展開して、一昨年には50歳という若さで、その全ての分院の継承、売却を終えて今では月の半分を海外で過ごすというセミリタイアの実現に成功しました。

この実績には、実に素晴らしいのですが、ここで注目したい点があります。それは、彼が8つの分院を経営出来るだけの人材確保に成功しているという事実です。

ご存じの通り、歯科医院は歯科医師、歯科衛生士、受付などのスタッフと『人』で構築された組織ですので、人材がいなくては話になりません。

さらに国の働き方改革によって、どう人材を確保し、よりよい仕事のしやすい環境を構築できるかが、歯科医院が永続的に繁栄していけるかの鍵となります。

しかし、昨今の歯科業界は歯科医院が全国7万軒にも増えたこともあり、未曽有の人材不足となっており、どの医院も人材の確保には頭を抱えています。

渡部先生のように、8つの分院の経営となれば、分院を展開していない医院に比べて8倍の人員を確保する必要があり、これは現在の歯科業界を考えれば不可能に近いと言えます。

また、当たり前の話ですが、人員を揃えれば良いわけではなく、医院に貢献してくれる人材でなければ、雇用する意味がありません。つまり、彼は単に人集めをしていたのではなく…

『医院の組織拡大、売上UPに貢献してくれる人材を他医院の8倍集めていた』

ということになるのですが…どうして、多くの医院が人材確保に頭を抱える中、彼はこのような実績を残すことが出来たのでしょうか。

その秘密について渡部氏は次のように語ります。

渡部憲裕メッセージ1

このレシピを私は少し拝見させてもらったので、少しだけ共有させて頂きますと…

渡部氏は、雇用した勤務医への投資を重要視しており、高額なセミナーでも、医院が費用を負担して、彼らに勉強の場を惜しみなく与えていたのです。

ただ、どの医院でもそうだと思いますが、ある程度育った勤務医は独立して医院を離れてしまい、育ての親である院長の医院には何も残らない環境になってしまいます。

これでは、せっかくの投資も意味がありません。

そこで渡部氏は、勉強会に行かせた後のことも考えて、勤務医に「分院長または院長」というポジションを約束して、開業のサポート、開業後の経営サポートという仕組みを構築していたのです。

勤務医に取ってみれば、リスクなく開業できるとだけでなく、その後の面倒まで見てもらえるわけですから、自分ひとりで独立開業する選択がなくなるというわけです。

その他、渡部氏の使っていた経営のレシピには…

分院展開を成功させる為の環境と設備

などが書かれていました。このレシピは緻密に細かい部分まで網羅されており、彼曰く…

渡部憲裕メッセージ2

と語ります。だから彼は、8つもの分院を展開して、それらを継承・売却することで、日々老化する自分の体に鞭を打って働かなくても、現役当時以上の収入を得られる環境を手にすることが出来たのです。

また、彼は歯科医師の仕事を愛しています。

その為、継承した医院と「勤務医として働ける」という条件を織り込み、自身の好きな歯科医師としての業務を無理なく行うなど、50歳を節目に自身の人生を満喫しています。

院長先生もご存じの通り、昨年には保険点数の引下げが行われるなど、歯科業界を取り巻く環境は年々厳しくなるばかりです。

国は、保険点数の引下げを行った代わりに「か強診制度」を導入しましたが、か強診制度の導入に関しては、歯科医師および歯科衛生士が複数名配置されていなければなりません。

つまり、人材を確保しなければならないわけですが先ほども申し上げた通り、圧倒的な人材不足に悩まされている歯科業界では、意味のない政策と言わざるをえません。

実際問題、人材を確保できず、か強診を導入したくても出来ないのが現実です。つまり、現在の歯科業界は将棋でいう所の「詰み」の状態と言えるでしょう。

しかし、本日ご紹介した渡部先生の方法を使えば、人材確保の問題を一気に解決できると同時に、院長先生が自身に鞭を打ち、死ぬまで現場に立たなくて良いだけでなく、歯科医師、一人の人間として素晴らしい時間が約束されるわけです。

そこで今回、渡部先生にお願いをして…

ワーキングリッチセミナー「ゴールから考える勤務医採用法と教育法」

というテーマでセミナーを開催させて頂くことに致しました。
また、今回は渡部先生から、

渡部憲裕メッセージ2

という提案を頂き、渡部先生だけでなく3人の講師陣の登壇も決定致しました!

スペシャルゲスト1

PROFILE
石井 宏明

医療法人社団ITS
理事長 石井 宏明

プロフィール詳細を見る

明海大学卒業後、都内の入れ歯歯科専門歯科医院で勤務。その後、東京オペラシティ歯科にて院長として勤務。「患者さんの歯の健康を長く維持する」事を目標に、一般歯科の治療だけでなく周病治療や予防歯科に力を入れた診療方針をクリニック全体で展開。院長となった今も、休日は勉強会や研修に当てる等、「勉強する人だけが自分の人生を決められる。勉強しない人は人の敷いたレールに乗るだけだ」という恩師の言葉を今も実践し続けている。

■ 経歴

2005年
裕正会入社
2012年
東京オペラシティ歯科院長として事業を継承
2014年
医療法人社団ITS設立
2015年
品川シーズンテラス歯科設立

なぜ働きやすいのか、なぜ辞めないのか、石井先生のクリニックの勤務医の先生からご登壇頂き直接お話して頂きます。

スペシャルゲスト2

PROFILE
浦濱隼人

30 Under 30
代表 浦濱 隼人

プロフィール詳細を見る

株式会社キンダーガーデン 代表取締役社長、一般社団法人サーティーアンダーサーティー 代表理事、事業家、経営コンサルタント。1982年福岡生まれ。立命館大学卒業。大学卒業後、独立系コンサルティングファームにおいて、幅広い業種・業態へのコンサルティング業務に従事し、数多くの企業を業績向上へと導いてきたトップコンサルタント。その後、歯科医院専門の経営コンサルティング会社に転職、同社始まって以来の最年少取締役に就任。2010年に株式会社キンダーガーデンを創業し、代表取締役社長に就任。歯科医療従事者のコミュニティー「歯科塾」を主催し、10,000名以上が登録する歯科業界最大のコミュニティーへと成長させた。

2017年、若手歯科医師向け年間臨床コース
「30 Under 30」をプロデュース、35歳までの歯科医師が1000人以上が応募したと言われる人気コースとなっている。これは歯科医師20人に1人が応募していることになり、まさしく今若手勤務医採用に関し、彼がなにを望んでいるのか、語っていただきます。

シークレットゲスト

PROFILE
赤司 征大

WHITE CROSS株式会社
Founder & CEO 歯科医師・中小企業診断士・MBA
赤司 征大

プロフィール詳細を見る

2008年、東北大学歯学部卒業。歯科医療法人にて診療に従事しながら、社内中小企業診断士として業務改善に携わる。2015年、UCLA AndersonSchool of ManagementにおいてMBAを取得。米国の歯科医療現場・医療制度・教育制度・関連産業構造などについてのマーケットレポート執筆などを行なう。在学中に起業し、歯科医療ウェブメディアWHITE CROSSを立ち上げる。

赤司先生にはシャラク会員様限定で、新たな人材確保に大きな効果を発揮するツールをご紹介していただきます。他では決して聞くことはできません。ぜひ今回のシークレットセミナーにご参加ください。

と、豪華講師陣によって行われるこのセミナーですが、当日、院長先生が学べる内容の一部を紹介しますと…


  • 知ってしまえば簡単!
    年商1億円クリニックの量産方法とは!?

    歯科医院経営の成功の基準ともいえる年商1億円という大きな壁。渡部先生のやり方を知ってしまえばなんなくクリアできてしまうことでしょう。

  • 勤務医をパートナーにして
    院長不在を実現する方法とは!?

    勤務医をいかに育て医院を任せるかは多くの先生共通の悩み。独立志向の強い勤務医ほど医院へのロイヤルティが高まる驚きの方法を公開します。

  • 人材の採用&育成には
    必勝法則があった!?

    女性ドクターにはこの方法、実家が歯科医院を経営しているドクターにはこの方法…勤務医のタイプを理解して、それぞれにあったアプローチをするだけで「あまり期待していなかった代診の先生」が医院を背負って立つ「分院長候補」に早変わり!先生の右腕候補はもう近くに居るかもしれません!!

  • 院長先生の将来とクリニックの将来を
    決定付ける
    ゴール戦略とは!?

    将来のことを「今はまだ考えなくてもいいや」という考えは今すぐ捨ててください。今から考えるからこそ価値がある!院長先生個人とクリニックのゴール設定を渡部先生が実行してきた非常なシンプルな方法で一緒に導き出しましょう。

  • 今からでも間に合う!
    実証済みの分院展開成功への法則!

    立地などさまざまな要因に左右され、なかなか成功の難しい分院展開も、渡部先生が作り上げた再現性の高いノウハウを使えばまだまだ成功できます。

  • 最難関!!クリニックの後継者
    こうやって作り上げる!

    医院継承において最もつまずきやすいポイントは「後継者問題」ですが、渡部先生は8つのクリニックを見事に手放しています。その方法とは一体?

  • 引退後も毎月高収入!
    資産運用の徹底対策講座!!

    明日をも知れぬ現代社会においてはリスクヘッジこそ最重要課題です。貯蓄だけでなく、節税ノウハウの確立と仕事をしていなくても収入を得る仕組みを作ることが絶対的な安全策です。 歯科医師の中でもトップクラスの実績を誇る渡部先生の資産運用術の全てを公開いたします。

  • 日本の歯科医療の社会的価値を
    高める
    方法とは!?

    国政、厚労省など多くの利害関係が絡む情勢において、貴医院の社会的価値を高める為に、今やるべきことは何なのか。その全てをお伝えします。

  • サラバDH不足!
    5万人の非常勤DH活用方法について

    この方法を使えば、伸び代の高い20代、経験豊富な30~40代の衛生士など、院長先生が欲しい人材を今すぐ医院の戦力として迎え入れることが可能となります。

  • 一点突破型経営でオンリーワン!
    生き残る医院の作り方とは?

    年々、生き残りが難しくなる現在の歯科業界で生き抜くための絶対法則とは一体なんなのでしょうか。この方法に則った医院経営を行えば、貴医院の将来は約束されたも同然です。


院長先生が確実に「引退後の幸せな時間」を手に入れる為にかかる初期費用はいくらなのでしょうか?

セミナーで語られるお話は、普通の町歯科であり現在のようなクリニックの将来なんて何一つ見えていなかった当時の渡部先生を、日本でも数少ない幸せな歯科医師としての人生へと導いてくれたまさに「雲の糸」のようなものであると言えますので、誰にでも簡単に教えるというような“安売り”はしたくはないと思っています。

ですので、東京会場の定員は30名までとさせていただき、参加費用はお一人様、5万円とさせていただきます。

ですが、これらは全て時間と労力を費やして渡部先生が手さぐりで探しあて、実証してきた渡部先生の人生そのものとも言えるノウハウですし、これは渡部先生にしかお話しできないことでもありますので、受講費についても渡部先生に相談してみたところ…

渡部憲裕メッセージ3

といったお言葉をいただきました。

そこで歯科医療総研といたしましては、もろもろのセミナー運営費をまかなえる最低価格である…

お一人様30,000円(税抜き)

で、ご招待させていただこうと思います。

但し!先着30名様の限定価格となります!!

また、是非とも、ご家族や勤務医のみなさんと一緒に参加していただきたいと思いますので、複数名でのお申し込みは、2人目からの参加費は20,000円で、ご招待させていただきます。

ご夫婦で参加される場合、奥様、ご主人様は特別に
10,000円(税抜き)でご招待させていただきます。

そして…

矢印

今だから明かせる!裕正会の就業規則のマニュアルをプレゼントいたします!

これは、院長先生の引退後の幸せな生活には奥様はもちろんのこと、ご家族と過ごす時間に大きく関わってくるからです。ぜひともご夫婦おそろいでお越しいただきたいと思います。

ワーキングリッチセミナー「ゴールから考える勤務医採用法と教育法」

 第一部 ※シークレットセミナー
 開 場 10:00~
 セミナー 10:30~12:30(予定)
 講師 赤司 征大(ホワイトクロス創設者)
渡部 憲裕(シャラク代表)
 第二部 ワーキングリッチセミナー
 開 場 12:30~
 セミナー 13:00~16:30(予定)
 講師 浦濱 隼人(30under30代表)
石井 宏明(医療法人社団ITS理事長)
渡部 憲裕(シャラク代表)
 懇親会 16:30~18:30(予定)
スペシャルゲスト :
丹野 祐子(株式会社グランジュテ代表取締役)
※別途、料金がかかります。
 参加費用 ・一般の方 30,000円(税別)※期間限定価格
・シャラク/TOP3会員様 20,000円(税別)

※シークレットセミナーはシャラク会員様限定となります。詳細はシャラク事務局までお電話かメールにてお問合せください。
電話:03-3526-2794 Mail:tdental@b-bnet.net


渡部先生は、海外への移住を果たしましたので、日本国内でのセミナー講演の機会は非常に貴重なものになります。

もしかしたら、もう二度とこのような機会は作れないかもしれません。どんな予定があったとしても、それをキャンセルしてセミナー会場にお越しくださいとまでは言いませんが…

2018年に行なわれるどんな歯科セミナーよりも大切なものを得られる機会であることは間違いありません。

院長先生ご自身のことだけでなく、スタッフのこと、家族のことも今一度お考えいただき、是非ともセミナー会場まで足をお運びいただきたいと思います。

それでは、院長先生からのお申込みをお待ちしております。

※当日は午前中にシャラク会員限定の【シークレットセミナー】の開催を予定しております。

矢印

シークレットセミナー「日本歯科医療のこれからと歯科医院としてとるべき戦略」

PROFILE
赤司 征大

WHITE CROSS株式会社
Founder & CEO 歯科医師・中小企業診断士・MBA
赤司 征大

プロフィール詳細を見る

2008年、東北大学歯学部卒業。歯科医療法人にて診療に従事しながら、社内中小企業診断士として業務改善に携わる。2015年、UCLA AndersonSchool of ManagementにおいてMBAを取得。米国の歯科医療現場・医療制度・教育制度・関連産業構造などについてのマーケットレポート執筆などを行なう。在学中に起業し、歯科医療ウェブメディアWHITE CROSSを立ち上げる。

日本国の国際的プレゼンスが年々低下する中で、右肩上がりで増加する医療費が国家財政を圧迫しています。

日本の歯科医療は、皆保険制度下に大きく組み込まれており、先進国の中でも特殊なエコシステムを有しています。

それには良い面と悪い面の両方があります。2025年の地域包括ケアシステムの確立に向けて医療の提供方式が大きく変わっていこうとしている中、歯科医療はどのように変化していくべきでしょうか?また、個々の歯科医院はどのような戦略を持ってこれからの10年、20年経営されていくべきでしょうか?

日本社会、医療、歯科医療を取り巻く環境の変化。そこから導き出される日本歯科医療の社会的価値に焦点を当てた戦略、そして歯科医院が直面する人材確保の問題などについてお話させていただきます。


シャラク会員の皆様におかれましては、ご参加の際は申込みフォーム内の必要項目の入力をお忘れ無いよう、お願いいたします。また、このセミナー申込みと前後してライフプランニングサークル「シャラク」にご入会された場合もシークレットセミナーにご参加いただけます。詳細については事務局までお問い合わせください。

セミナー参加者の声

ここで立ち止まって人生のプランニングを考えて見たいと思った。
出口戦略と言われると、後ろ向きの様な言葉に聞こえるが、ハッピーリタイヤメントを目指して戦略を考えていくことは、誠にライフプランニングの真髄であると思った。

出口戦略がシンプルにイメージできました。
現在開業15年目、44歳の自信がイメージする出口戦略がイメージできました。医院の組織化、海外資産のシンプルな考え方がとても参考になりました。

考えただけでもゾッとします。
私も先生に言われた通りゴールを決めました。そして行動をとりました。先日、息子への相続を調べてみたら驚きの金額でした。ここを知らずに行動していたかと思うとゾッとします。

ゴールを決めました。
後2年でのセミリタイヤを目標に歯科医院の仕組み作りと安定した収益を確保できる本院と分院にしたいと思います。また、子供のための資産運用を考えていきたいと思います。

まずは動くことが大切ですね。
自分が「井の中の蛙」であることを認識させられた。以前、「チーズはどこに消えた?」という本があったが、まさか新たなチーズを探さなければと実感した。

セミナーに申し込む

追伸、「いつもと違う駅で降りる」という幸せ。

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。医療法人「裕正会」元理事長の渡部憲裕です。

実は、今回のセミナーの開催は私の1つの想いから始まりました。それは…

「高級な食事をするよりも、高級な車に乗るよりも、好きな時に好きなだけいつもと違う駅で降りることができるのが最高の幸せ」を一人でも多くの先生方に感じていただきたいというものです。

歯科不況の時代ですが、とにかくガムシャラに頑張れば、一定以上の収入を得て、それなりに贅沢な生活ができるようになるかもしれません。ですが、経済的に豊かになっただけでは、時間と体力を奪われる日常は変わらず、到底幸せな人生とは程遠いものとなってしまいます。

もちろん「町の歯医者さん」として、患者様の治療にあたっているのが大好きだという先生も多くいらっしゃることかと思いますが、ご自身の身体に負担をかけることなく適度に患者様の診療をしていく方法もあります。事実、私も引退後に昔から診ている患者様や、友人などには、空いている時間で治療をすることもあります。

また、院長先生は、歯科のお仕事以外にもやりたいことがたくさんあるはずです。もしかしたら、日々の激務のためにご自身のことは二の次にしてしまい、自分のやりたいことを忘れてしまった先生もいらっしゃるかもしれませんね。

一度、学生の頃から今までを思い返してみてください。

熱中したスポーツはありませんでしたか?
演奏してみたい楽器はありませんでしたか?
一度行ってみたい国はありませんでしたか?
生で見てみたい絵画はありませんでしたか?
家族や友人にしてあげたかったことはありませんでしたか?

などなど、心のどこかで諦めてしまったものが必ずあるはずです。もちろんこれらは今からでも始めることができます。私は昨年、人生初めて船釣りに挑戦しました。

今まで、土日は何かしらのセミナーに参加していたのですが、最近はお気に入りの竿を抱えて朝3時に出て日の出と共に海へ繰り出すことが楽しくて仕方ありません。

院長先生にだって、何歳になろうと、若いころと同じように、「新たな挑戦をする喜び」を味わうことができるのです。院長先生も、これまで一度も降りたことのない駅で途中下車することで見られる全く新しい景色を、好きなだけ見られる人生を楽しんでみませんか?

そんな人生を得る為の初めの一歩として、セミナー会場までお越しいただけますと幸いです。

当日、セミナー会場でお会いできることを楽しみにしております。

医療法人裕正会 元理事長 渡部憲裕

セミナーに申し込む

PAGE TOP