ワーキングリッチセミナー2024渡部憲裕13年目の告白と年商1億円経営の新構造

院長先生もご存じだと思いますが、2024年の歯科診療報酬の改定の概要が出されました。

2024年は6年に1度の医療・介護・障害福祉サービス診療報酬改定も同時に行われる、大きな転換が起きる年度にもなります。

そして、診療報酬の改定などは国の政策やビジョンを反映するものであり、ここを読み解くことで歯科医院経営の今後の方向性が見えてきます。

しかしながら、ここで歯科医院は大きな二極化をしていきます。

政策に上手く乗れるクリニック

もちろん前者のほうが好ましいですが、今回の政策は規模が大きくなるそうなのでなんの情報もなしに今の経営を続けていると…

早ければ一年以内に結構まずいことになるかもしれません。

最近だと国民皆歯科健診などの政策がありましたが、あれも令和4年と令和5年の予算を比べると2倍ほどに増加しています。

つまりかなり行政も本気でいるので、ここで予防診療に力を入れられない歯科は淘汰されることになります。

コロナウィルス蔓延の際のアベノマスクがそうだったように日本の行政は予算を付けたら絶対にやり通します。

ですので、令和6年からの政策に上手く乗れるか乗れないかは開業医にとって死活問題となるのです。

そして、今回の改定の内容を見ると…

歯科医療にとって大きな転換が起こることが予想され、ここがこれからの歯科医院経営の一つのターニングポイントとなると言えます。

ご挨拶が遅れてしまっておりました。私は先生と同じ歯科医師である元裕正会理事長の渡部憲裕と申します。

渡部憲裕プロフィール

まずは私の話を少しさせてください。

私は元々10の医院を経営していた医療法人の理事長でありライフプランニングサークル「シャラク」にて13年間の講師活動を行っています。

そんな私が、2024年になった今年。

これまではあまり聞く耳を持ってもらえなかったのですが、

活動13年目にしてようやく真実を告白できる時がきたと思っています。

私はこれまで…「予防の時代が来ること」

しかし、前述したことが歯科医師の中でも話題になるようになってきたのはここ数年の話でしたので…

今まではあまり芯を喰ったようなお話は敢えて避けてきました。

ですが、今はみなさんにご理解いただける状況になっているでしょうし…

2024年からの政策を見ても、私のこれまで抑えてきた情報を全て開示する時は今だと判断しました。

行政が意思表明しています。

単刀直入に言いますと、今後の歯科医療に求められることを政策から読み取ると…

予防診療の普及

この2点が絶対的な要素になると思います。

予防診療においては昨年から国民皆歯科健診で推されていますが、歯科健診の受診状況は全国平均でまだ5%程度しかなく、これからも推進されていくことになります。

また、訪問診療と医科歯科連携などによる、いわゆる地域包括ケアシステムについても歯科医療機関が果たすべき役割となっています。

これは2024年に改定される「か強診」の施設基準に追加される以下の項目を見ても明らかです。

今回の改定やこれまでの流れを見ると国もかなり本気になっているので…

「訪問診療や医科歯科連携なんてまだ先の話でしょう?」なんてことはもうありません。

こういうことは普及するときは一気に普及します。

高速道路のETC、電子決済、マイナンバー、などなど。

行政が関わるものは「こんなのみんな使うようになるのか?」と思ったものでも、あっという間です。

ですので、後回しにしていられるのも去年までだと思います。

今までのやり方をずっと続けるのが一番安心だし、余計な面倒がないのはわかります。

ですが、今回の改正で読み取れるのは…

国が推進しているのは今までの『蝕治療型歯科医院』からの脱却なのです。

しかも2024年の歯科診療報酬改定だけでなく、2025年以降もこの流れが続いていくことは間違いないと考えます。

最終的に国がもっているビジョンは「未病段階で健康に戻す」ということです。

つまり今年だけの話ではなく、我々が泣こうが喚こうがこれからも国が歯科医療に求める方向性は変わりませんし、診療報酬もそれに合わせて随時改定整備されていくでしょう。

これらは状況的に間違いないですし、政策や国のビジョンとして正式に意思表明されていることなのです。

ですので、13年前に私が話してきたことが今では現実味を帯びてきているように、今回の話も真実になると思いますし、そう受け止めていただきたいと思っています。

もちろん、年商1億円以上の経営をしていくにはもうここを無視することはできない現状です。

しかしながらこの手の話は、臨床事の様に症例やエビデンスを解説したり実技を見せるといったように教えることができません。

とりあえず話を直接聞いてもらわないことにはどうしようもできないことです。

そこで、2024年の歯科診療報酬の改定からひも解く年商1億円の経営を維持できる歯科医療の役割について徹底解説するセミナーを…

「渡部憲裕13年目の告白と年商1億円経営の新構造」と銘打って2024年3月10日に東京駅近郊の会場を借りて開催する運びとなりました。(生放送のWEBセミナーも同時開催いたします。)

セミナーでは私自身が当時はまだ深くお話できなかった13年前の「過去」から遡り、

「今」と、これからの「未来」まで包括した知りうる情報を全て吐き出す予定です。

2024年3月10日開催「ワーキングリッチセミナー」

冒頭でもお話をしたように、今回のセミナーでお話することは…

13年間お話することのできなかった私の講師人生で最大の告白なのです。

さらには、今回の非常に重要な講義をする上でこれ以上いないと言って良いほどの優秀な2名の歯科医師の先生達にも講演を引き受けていただけることになります。

現役の院長の中でもトップクラスの地域包括ケアシステムを構築されている先生と、歯科医師でありながら巨大歯科メディアの代表者を行っている人物による講演になりますので…

歯科医師出身ではあるものの今は現役ではなくセミナー講師として活動している私とは異なる角度や情報からの講義をしていただけます。

それでは早速2名のゲスト講師をご紹介いたしましょう。

渡部憲裕だから紹介できるゲスト講師が登壇!

押村 憲昭

押村先生は先代から続く開業医として活躍しており、地域連携の先駆け的な存在ですのでご存じの先生も多いかと思います。

実際に押村先生が行っている取り組みでは…

近隣の医科からの紹介件数が40件/月を数えるほか、高齢となった開業医を雇用し訪問診療を行い、毎日訪問診療に出るくらいの件数をこなし、売り上げ規模は最終的に1億円に迫るなど、地域に根差した医療を安定的に提供しつづけるための仕組みやどんなスタッフでも定着させ長期雇用することができる制度を確立しています。

まさに地域包括ケアの成功モデルを作り上げた数少ない人物なのです。

もちろん押村先生にはご自身の経験を基にこれまで行ってきた取り組みについて今すぐ通用するノウハウを講義していただく予定です。

しかも、押村先生は 歯科医療総研とシャラクのセミナーでは初登場となります。

今回はかなり無理を聞いてもらってゲスト講師として駆けつけてくれましたので非常に貴重な機会になるかと思います。

赤司 征大

赤司先生は歯科医師の3人に1人が登録・利用をしている国内最大の歯科医師向け情報サイトを運営する会社の代表取締役として活躍しています。

赤司先生も歯科医師免許持つドクターではありますが、我々普通の歯科医師と大きく違うのが…

メディア運営を通じて膨大な量の情報が流れ込んでくることです。

しかしそんな情報を正しく理解し処理できるのは、ただのメディア運営会社では無理です。

赤司先生のような歯科医師免許をもつメディア運営者からこそと言ってもいいでしょう。

そこで、赤司先生には75,000人以上の歯科医療従事者が登録・利用するメディア運営から見た「最新の診療報酬改定」から読み解く未来予想図の講義をセミナー参加者様限定でお届けしてもらいます。

特に、人材の問題や赤司先生が最近特に注目している技工問題がこれからどうなっていくのかということは、赤司先生のご専門でもありますので必見です。

いかがでしょうか。

セミナーでは、「過去から遡った情報を講義する渡部」

正直、日程を合わせるだけでも非常に難航しました。

ですが、何カ月も調整を続けまして、なんとか2024年3月10日の開催で日程を決定させることができました。

しかし、実はこれだけではありません。

なんと、私が主催するライフプランニングサークルシャラクにご参加いただいている先生にはもう一名のゲスト講師による特別講義をセミナー開催日の午前中に受講していただけるようにいたしました。

※セミナー当日の受講だけでなくシャラク会員様へは後日の配信もございます。

西原 泰浩

西原さんはソニー生命の営業マンの中でTOPの成績を数年間維持し、圧倒的なクライアントに支持されてきた…

まさにお金のプロ中のプロです。

少なくとも私の知る限りは、西原さんほどお金に精通している人物は他にいません。

特に歯科の開業医の先生向けの資産管理や節税案件の知見が広く、近年では、独立することによってより幅広い提案ができるようになりました。

この西原さんの凄いところは、クライアントの夢やゴールをお伺いすればそのゴールから逆算した提案をできてしまうことです。

「こうなったらいいな」という漠然とした想いに対して瞬時に明確な提案を出せる日本でも数少ないプランナーと言ってもいいでしょう。

渡部とシャラクも西原さんとは5年以上の付き合いになりますが今でも彼の話はオドロキの連続です。

つまり、それだけ「そんなことできるの!?」といった情報を鮮度の高い状態で持っているということです。

今回のセミナーでは西原さんにもたっぷり時間を使って歯科の開業医だから可能なオドロキの資産管理方法を講義していただく予定です。

もちろん2024年3月時点で最新の情報をご用意していただくので西原さんのお話を過去に聞いたことがある方にも非常に有意義な講義になると思います。

※午前中に行われるシャラク会員限定のシークレットセミナーのみの無料開催となります。シャラクへのご入会は別途お問い合わせください。

このように私、渡部憲裕とゲスト講師によって、ここでしか聞けない話を公開する講義となるのですが具体的にセミナーでお話することを紹介させていただくと…

今年からどう変わる!?最新の診療報酬改定を徹底解説!

以上はあくまで一部ですが、基本的には出し惜しみなく具体的な方法をお話するつもりです。

セミナーへの参加資格は?

渡部が代表を務めるライフプランニングサークル「シャラク」が「行政の最新の政策に基づいた歯科医院経営」というテーマのセミナーを開催するのは初めてのことで、活動13年目にして初めてとなる超がつくほどのレアセミナーになります。

また、一つ予め断言しますが投資話の売り込みなどを行うことは一切いたしません。

純粋に診療報酬改定などの動きを加味した上での「訪問歯科医療」や「連携」等を加えた地域包括ケアシステムを使って年商1億円以上の経営を作る最新情報をお届けします。

また、かなり秘匿性の高い内容も公開することからセミナー会場で直接参加いただける人数には制限を設けさせていただきますので会場での直接参加は…

先着30名様限定とさせていただきます。

WEBでの生配信もいたしますので遠方の方やあまりお時間がない方は10日間の視聴期間のあるWEB視聴でのご参加をオススメいたします。

しかしながら、セミナー当日に予定しているお話は、

さらに、私のこれまでの活動で築いたコネクションで、滅多にお目にかかれないゲスト講師もご紹介いたします。

ですので、誰にでも簡単に教えるというような“安売り”はしたくはないと思っています。

そこで…

会場参加とWEB参加合わせて…

先着の100名様までの受付けとさせていただきます。

(歯科医院関係者の方のみのご参加に限らせてもらいます。)

WEB視聴に関しては、

「3月10日(日)~3月19日(火)」の10日間は見逃し配信で何度でもご視聴可能です。

日本全国どこにいても、この10日間の間で先生のお好きな時間にご視聴いただけますので、お忙しい先生も参加しやすくなっております。

※会場参加の方もWEBで見逃し配信を視聴可能です。

但し、無制限に垂れ流すことはしたくないので、WEB視聴の受付も申込数に限りがございます。

お席がなくなる前のお早目のお申込みをオススメいたします。

WEBセミナー視聴について

また、セミナーの参加費用ですが…

現在、世の中には無料のWEBセミナーも多いとは思いますが、

今回のセミナーの内容はとても無料で提供できるようなレベルではないという自負がございます。

また、無料のセミナーは申し込んだけど結局見なかったり聞き流すといったことが非常に多いと聞いています。

今回のセミナーは非常に重要な内容をお伝えする場なので、しっかりと意思をもって視聴していただきたく、有料とさせていただいておりますので、歯科医療関係者の方に関しましては、今回のセミナーの参加費用は1名につき…

お一人様33,000円(税込み)

で、ご招待させていただこうと思います。
※「会場での直接参加」「WEB視聴」はどちらも同じ価格になります。

但し!!特別価格のため期間限定の価格となります!!

2024年3月以降のお申込みに関しては参加費が55,000円に変更になりますのでご了承ください。

そしてこれはかなりの大盤振る舞いなのですが、申込者様だけが受け取れる2つのプレゼントもご用意いたしました。

特典

また、是非ともご家族や勤務医のみなさんと一緒に参加していただきたいと思いますので、勤務医やご家族の方などと一緒に複数名でのお申し込みの場合も、1名33,000円(税込み)で結構です。

しかしながら、先ほどからご案内している価格は歯科医療関係者様のみの優待価格になります。

コンサルタントや士業の方など歯科医療関係者ではない方のお申し込みは参加費が110,000円(税込)でのご案内となりますのでご注意ください。

※歯科医療関係者の方でもコンサル活動されている方は110,000円でのご案内になります。

お申し込みはこちら

working rich seminar 2024

secret seminar

※シークレットセミナーの詳細やご入会に関しましてはシャラク事務局までお電話かメールにてお問合せください。

電話 : 03-5809-1315 Mail : support@sika-soken.com

お申し込みはこちら

セミナーへのお申込みを迷われている方へ。最後のメッセージです。

最後になりますがこれだけは言わせてください。

戦後に「虫歯の洪水」と言われ、私たちの先輩の歯科医師が踏ん張っていた時代がありましたが、それから時は経ち虫歯患者は減少していくことになりました。

これは、結果的に現代の歯科医院経営の首を絞めていることに繋がってしまっているかもしれませんがそれは仕方がありませんし…

2025年には「昭和100年」となり、今までの歯科医療はここらで一つの役目を終えたのかもしれません。

日本の歯科医療はこれから間違いなく次のフェーズへと移行します。

歯科医院に来院する患者へは「重症化予防」「口腔機能回復」が求められ、「う蝕・歯周病なし」の患者には「予防」「口腔機能の維持・向上」が求められます。

そして、最終的に国が実現したいのは「未病段階で健康に戻すこと」です。

正直、現役の院長先生からしたらかなりの重荷にはなってくるとは思いますが、これは間違いなく「歯科医療の前進」ですので医療従事者としては喜んで受け入れましょう。

そして先代の歯科医師が、押し寄せるう蝕患者と必死に戦って現在に繋いでくれたように、私たちも次の世代の次の医療フェーズに繋げられるように今できる最善を尽くしましょう。

もちろん、その見返りとしてはこれから長期間通用する年商1億円以上の経営基盤を手に入れることができます。

しかしながら何をするにしても、まずは情報が必要だと思います。

もちろん、これは先のことなんて考える余裕がなく、今現在で経営難に陥っている先生の経営を立て直すための情報でもあります。

私は自分の経験からこの件のすべての情報をもっています。

私はこれを墓場まで持って行くつもりはありません。

すべてセミナーでお話をしますのでどうか、あなたのほうから情報をとりにきていただきたいと思っております。

それでは3月10日からの10日間でどこかの予定を空けてお申込みただけるのをお待ちしております。

渡部憲裕

※当日は午前中にシャラク会員限定の【シークレットセミナー】の開催を予定しております。詳細はお申し込み後にご連絡させていただきます。

お申し込みはこちら


PAGE TOP