予防歯科の『間違い』は『今すぐ』正してください!今、歯科医院に求められる真実の予防歯科とは!?これがホスピタリティに基づいた曇りなき予防の世界・・!包括的治療の最終局面!!患者様を導く予防歯科の最大の流儀を公開します!

まずはこちらの動画をご覧ください。

先生は、患者様に自費診療を入れていただく為には何が必要だとお考えですか?

国民の健康を真剣に考える歯科医師なら誰もが夢見る「虫歯のない世界」

それはすなわち、「症状が出てから歯医者さんに通う」という、
大多数の国民が持つ、ある種の常識を覆す為の戦いといってもいいでしょう。

その為に院長先生は、医院に訪れた患者様を、
予防の為の定期健診やメンテナンスへ誘導していく為の
あらゆる工夫を行っているかと思います。

ですが、その結果どうでしょうか。

先生のクリニックで行っている、予防歯科の説明や、意義、
何よりもその内容などは本当にクリニックと患者様の
双方に有益なものとなっているのでしょうか。

とりあえず患者様を囲いこむ為に予防歯科を行っているという、
予防の本分が欠如した歯科医師に成り果ててはいないでしょうか。


画像

はじめまして。歯科医療総研の寺尾です。

冒頭でお話ししたように、予防歯科というものは、
患者様の持っている印象を変え、歯科医師と二人三脚で構築していくものです。

ですが、現状の日本の歯科業界には

予防歯科における2つの問題がございます。

まず1つ目は、

予防歯科における2つの問題がございます。

昔よりはまだマシになってきたかもしれませんが、
先進国に比べるとまだまだ、国民の口腔内の健康への認識が劣っています。

例えば、「予防歯科」先進国として知られているスウェーデンを例にとってみましょう。

ご存じかもしれませんが、現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

日本と比較してみますと、
ケア用品メーカーであるライオン株式会社が2013年12月に実施した調査では、
「予防歯科を知っていたか」を尋ねた結果では
スウェーデンでは約60%であるのに対し、日本では約21%に過ぎません。

また、「予防歯科を実践している人」でも、スウェーデンでは約69%であるのに対し、
日本では約26%と、大きく差がついています。

「予防歯科」という考え方を知っている。「予防歯科」に取り組んでいる。ここまで顕著な差がついてしまっているのは一体なぜでしょうか。

スウェーデンでは、子どもの歯みがきについて、
出産前から歯科医による両親への指導が始まると言います。

また、乳児でも歯が生え始めるころから
歯科医院でのオーラルケアチェックが義務づけられています。

治療ではないので、子どもにとっては歯科医は“怖い”“痛い”という印象にはならず、
“歯について楽しく学ぶ場所”となります。

スウェーデンでは、歯科医を・・・
「頼れるパートナー」と認める人が26.3%
「好きな人・憧れの人」と考える人が16.4%
にものぼります。

一方、日本ではどうでしょうか。
歯科医を「頼れるパートナー」とする人が17.2%いるものの、
「嫌いな人・苦手な人」と答える人が14.0%もいます。

このように、スウェーデンと日本では、歯科医に対する意識が大きく異なります。

しかしながら、近年、日本でも国や地方自治体が、歯とお口の健康を重要ととらえ、
法律や条例の整備などを進めて「予防歯科」の考え方を広めています。

その結果、歯科医院で定期的な健診を受ける人が徐々に増加しているのです。

つまり、日本の予防歯科の問題とされていることの1つは、
確実に改善されていっているのです。 そこで、日本の歯科医師が向き合わなければいけない
予防歯科における2つの問題がございます。

間違いだらけの予防歯科

日本の歯科業界に蔓延る2つ目の問題。

それは、患者様ではなく、

歯科医師と歯科医院側の問題になります。

昨今、多くの歯科医院が、継続的に患者様に通っていただく為に、
予防歯科には注目していることかとは思いますが、
その方法は、医療として見ても、経営的な観点から見ても

間違っている

というしかないような予防歯科を行っている歯科医院が多数存在するのが現状です。

現に、予防歯科へ移行してくれた患者様のドロップアウト率の高い、
≪予防≫という概念が上手く機能していない

「仮初めの予防歯科」

が実に多く見られます。

先ほども申し上げた通り、日本でも「予防歯科」の機運が高まってきていますので、
あとはクリニック側が「予防歯科」を正しく後押しするだけで日本人の口腔内の健康というものは、
今後より一層守られていくことになるのです。

では、患者様がドロップアウトしない、長期的に通ってくれる
「予防歯科」とは一体どのようなものなのでしょうか。

そこで今回ご紹介したいのが、
歯科医師でありながら、忙しい合間を縫って独自の経営・臨床論を伝承されている
大人気講師による「予防歯科の極意」について語られたセミナーです。

そのセミナーでは、多くの歯科医院が間違って導入している「予防歯科」の正しいシステム化と、その予防システムを患者様に提供するまでの仕組みを完全に戦略化した未だかつてないノウハウの数々が飛び出してきたのです。

セミナーで語られたことは?

それでは、早速ですが、『予防歯科』のメカニズムを解明し、
2億円以上の年商を実現させているセミナー講師をご紹介させていただきましょう。

その方こそ、医療法人社団 健創会 ヒロデンタルクリニック院長の金子博寿先生です。

金子博寿プロフィール

はじめまして。ヒロデンタルクリニック院長の金子です。

まず初めに、昨今、我々歯科医師の間でも予防歯科の重要性が
注目されてきたこともあり、正直、不完全としか言いようのない
予防の仕組みを組んでいるクリニックも見て取れます。

具体的に言いますと、世の中一般的に【最初に予防ありき】という
間違った認識が広がってしまっていると思います。

今回のご案内を見ていただいている先生は大丈夫かと思いますが、
予防歯科の正しい定義は、まったく違います。

さらに言うならば、歯科医院経営においての予防歯科の立ち位置や、
患者様とクリニックに対してのメリットの出し方にも間違った認識を
持ったまま導入してしまっているケースが大多数です。

断言できますが、この予防歯科の間違いを修正するだけでも
医療人として、歯科医院経営者として、豊かな未来を手に入れることができるかと思います。

画像 画像

金子先生が言うには、そもそも『予防歯科の定義』を誤ったまま、
予防歯科を掲げているクリニックが目立つそうです。

正しい予防歯科の流れは・・・

①困りごと(疾患)があるから歯科医院を訪れる②疾患に対して最善の治療を提供する③予防歯科へ

このようになります。

さらに、従来の歯科医師が持っていた・・・
『なんとなく治療が終わった患者さんを定期健診にまわす』
といったような考え方は、もはや通用しません。

現在は、
『科学的根拠に基づいた、各個人に合わせたプログラムを作成』した上で、
必要な情報提供をした後に、初めて患者様に予防歯科を提供していかなければいけません。

しかしながら、『間違いだらけ』といっても仕方のないような予防を行っているクリニックは・・・

○きちんと治療が完了していない↓○定期健診↓○問題が出てまた治療がはじます↓○患者様のドロップアウトこのような、歯科医療的にも、経営的にも不完全な形になっており患者様はクリニックを去っていってしまうのです。

永続的に1000万円前後の自費収入を獲得できる4つのポイント

そして、さらに金子先生はこう言います。

予防歯科の仕組みというものは、歯科医院経営にとって非常に重要なファクターを占めることになるのです。

金子先生は・・

予防歯科はチーム医療であり、総合評価されるものである

と言っております。

もちろん予防の主役は歯科衛生になるかもしれませんが、
大前提に歯科医師の治療があり、歯科助手と患者様の良好な関係がありと、
クリニック全体で築いていくものなのです。

また、総合的に評価され、患者様には100か0で判断されてしまうので、
例え歯科衛生士だけが患者様に信頼されていても、長続きはしないものでしょう。

【100-1=0 の法則】

たった一人の、たった一度の、たった一つの、たった一言のお店の応対が、
お客様に不愉快と感じさせてしまうと、人の評価は0に等しい。

●99%の素晴らしいサービスのお店でも、たった1%の不愉快な思いをさせてしまえば、人は0の評価を下します。●従業員99人の接客応対ができているお店でも、たった一人ができていなかったら、人の評価は0になります。

臨床 コンサル 接遇 スタッフ教育 院長先生のマインド 診療理念
これらのどれもが、予防歯科へ直結していくのです。

つまり、予防歯科とは歯科クリニック全体の能力に大きく左右される
歯科医院経営の集大成とも言える治療といっても良いでしょう。

その為、金子先生のクリニックでは実際に以下のような流れを組み、
予防歯科を構築していっているそうです。

ヒロデンタルクリニック予防歯科構築までの流れ

このように、セミナーでは、金子先生のクリニックが、長い年月と、多額の費用を投じてやっと辿り着いた現代の歯科医院に求められる予防歯科の戦略を初公開しているのです。

予防歯科の間違いを正すには今!貴クリニックの本当の力は・・まだまだこんなものではないはずです!!

ここまでご紹介させていただきましたセミナーですが、
お話しできたのは、ほんの一部です。

セミナーでは、予防歯科構築に必要なクリニック全体の能力の上げ方を始め、
患者様を予防の世界に導くための戦略や動機づけの方法など
金子先生が初めてお話しする包括的な内容を含んだ
非常にマルチな内容になっています。

よって

・予防歯科の離脱率が高い・・。・予防歯科は歯科衛生士任せ・・。・患者様をどのように予防へ誘導していいのかわからない・・。・そもそも予防歯科の仕組みをどうやって作っていいかわからない・・・。

とお悩みの先生には是非とも見ていただきたいセミナーでした。

もし、お悩みを抱え、日々の業務を回すだけで精いっぱいのクリニックが
このセミナーで語られるノウハウを知っていただけたらと考えると、

一体どれほどの凄まじい効果を医院経営にもらすのか想像もつきません。

そこで今回、セミナーの映像をDVD化することができました。

このDVDで得られる情報は、貴方と医院、
そしてスタッフの方々にとっても、かけがえのない財産となることでしょう。

DVDの収録内容の一部を紹介しますと・・・

チーム医療として考え作る予防歯科の真髄とは!?
『予防=歯科衛生士』という安直な式は大きな間違いです。
クリニック一丸となって作り上げる真実の予防歯科の全貌を公開します!
なぜ、今、予防歯科が必要なのか!?
予防歯科は医療的にも経営的にも、クリニックと患者様の双方に利益をもたらす
最高にして最大の手段になります。そのワケとは一体!?
予防の要!歯科衛生士の実力アップと管理方法とは!?
チーム医療である予防歯科ではありますが、主役は歯科衛生士になります。
金子先生の考える歯科衛生士に求められる能力と、管理すべきポイントとは!?
クリニックの総合評価を上げる方法とは!?
予防歯科は総合評価されるものです。
少しでも落ち度があると患者様は離脱していってしまいます。
クリニック全体の力を上げていく方法を公開します。
どのように?どのタイミングで患者様を予防に誘導させるのか!?
金子先生のクリニックで行っている
オリジナルの予防の勧め方を特別にお話しいたします。
これからの歯科クリニックに欠かせない【ホスピタリティ】とは!?
相互満足を作り上げるホスピタリティ。
このホスピタリティの向上戦略こそが、金子式経営術の最大の秘密なのです。
給料や休日数ではない従業員満足度の上げ方を公開!!
スタッフの協力なくしては、予防歯科の成功はありえません。
給料、休日共に何の特徴もない金子先生のクリニックが
高い従業員満足度を得ている秘密を特別にお話しいたします。
包括的治療による予防歯科導入方法とは!?
自分ができる治療のエリアばかりに患者を誘導するのはナンセンスです。
包括的な治療の実践なくしては予防歯科は成立いないのです。
患者様に予防歯科の動機付けさせる一番簡単な方法を公開!
動機がなければ患者様は動きません。
スタッフから患者様へと繋がっていく、ヒロデンタルクリニック流の
動機づけ戦略を特別公開します。

これらは、先生が得ることができる情報のほんの一例です。

DVDの内容は、先生が日ごろ学ぶ機会のない貴重な情報をふんだんに盛り込み、
なんとDVD2枚組の計184分にも及びます。

このDVDで語られている情報の全ては、貴クリニックの予防歯科を受け入れてくれる患者様を増加させ、さらには1億円以上の年商を達成できるように導くことで、先生の歯科医師としての理想像を実現させてくれることになるでしょう。

このセミナーDVDの価値は?

医療法人社団 健創会 ヒロデンタルクリニック院長 金子博寿先生

さて、このDVDの価格はいったいいくらなのでしょうか?

今回、ご案内させていただきました通り、
2014年に開催された金子先生のセミナーのラストを飾るにふさわしい
クリニックの総合的な能力を駆使して、ホスピタリティ溢れる予防歯科の世界を構築できる類を見ない貴重なセミナーが収録されているDVDです。

しかも、予防歯科に付随する様々な要素にも、初公開となる内容を細かくお話しいただいておりますのでまさに永久保存版ともいえる作品に仕上がっております。

年商1億円超えクリニックの流儀 -episode FINAL- ~包括的治療による予防システムの最終形態~

ですので、こちらのDVDの価値は、
どう安く見積もっても5万円を下らないかと思います。

しかし、一人でも多くの方にこのDVDを見ていただき、
不況に喘ぐ歯科業界の中で、良質な歯科医療を提供する為に
医業収入面でのお悩みから解放されていただきたいという気持ちもあります。

そこで今回は特別価格といたしまして、34,800円でご用意させていただこうと思います!


さらに!

DVD購入者様だけの特別特典!

さらに!さらに!

万が一DVDの内容がお気に召さなかった場合に備えまして、
90日間の返金保障をつけさせて頂きます!

90日間完全返金保障

お急ぎください。

なぜなら、このホームページは、私ども歯科医療総研で販売している
DVD講座をお申込み頂いた合計2115名の院長様にお知らせしているからです。

そして、このDVDは、

「予防歯科は自己流でやるから問題ない」「とりあえず治療が終わったら予防にまわすのがシンプルでやりやすい」「予防歯科に力を注ぐ気はまったくない」「年商アップなんかしなくても、自分はそれなりの収入があるからそれでいい」

と思っている先生に、生半可な気持ちで観てほしくないと思っていますので…

特別価格34,800円でご購入できるのは、お早目にご決断して頂けた先着100名様までとさせていただいております。

申し込みしようかな…、どうしようかな…、と迷っていたら、
いつの間にか先着100名が埋まってしまい、
特別価格でご提供させていただくことができなくなる可能性もございます。

是非とも貴方には、DVDをご覧いただき、正しい予防歯科の構築と年商アップだけではなく、開業時に想い描いたような理想の歯科クリニックを作っていってほしいと思っています。

画像

年商1億円超えクリニックの流儀 -episode FINAL- ~包括的治療による予防システムの最終形態~

お申し込みはこちら

▼ご購入商品▼
商品名 年商1億円超えクリニックの流儀 -episode FINAL- ~包括的治療による予防システムの最終形態~

セミナーDVD
年商1億円超えクリニックの流儀
-episode FINAL-
~包括的治療による予防システムの最終形態~

特別価格 34,800円

申し込む(34,800円) +税・送料込
購入する
  • 現在多数のご注文を頂いておりますので、配送に1週間ほどお時間を頂く場合がございます。
    あらかじめご了承くださいませ。
  • お届けは佐川急便の代金引換にてお送りいたします。
    (手続きが完了次第、「発送完了メール」をお送りさせていただいております。)
  • 送信いただいた「個人情報」は、資料や情報の送付以外の目的で使用することはありません。
    個人情報のお取り扱いについてはこちらをご確認ください。
  • 受付は24時間365日可能となっています
  • 国内のみの発送となります。

このセミナーDVDの価値は?

この度は、貴重なお時間を割いていただき、
このお手紙を読んでいただきまして誠にありがとうございます。

ヒロデンタルクリニック院長の金子博寿です。

私はこれまで、歯科医療総研さんと二人三脚で合計5回のセミナーを
行わさせていただきまして、歯科業界で戦う同志である院長先生方の
お役に少しでもたてればと、セミナー講義の内容をDVD化し
ご提供させていただいておりました。

そして、第五回目となる「予防歯科」について
今回ご案内させていただきましたが、 ここは本当に、重要なことになりますが、
それ故に、総合的にクリニックの力を伸ばすことが必要になります。

これまで『理念』『育成』『コンサル』『自費』というテーマのセミナーDVDを
発売させていただきましたが、最後の『予防』というピースを当て込んで
『年商1億円超えクリニックの流儀』は完成するものと思ってください。

しかしながら、実際問題、DVD収録の戦略を実践するのは、
そんなに簡単なものではないかと思います。

そして、臨床でも、経営でも、周りより頭ひとつ出る戦いに勝利しなければ、
恐らく自分の理想とする歯科医師像には到達することは不可能でしょう。

しかしながら、どこかで頑張らなければ結果はついて来ません。

そこで、私のセミナーDVDが先生の頑張るきっかけになっていただけましたら
非常に嬉しく思います。

自分に描く理想像に向かってお互いに努力しましょう!

私も次のステージを目指して頑張ります!

同じ時代に、同じ歯科医師として生きる全ての院長先生と
これからも共に歯科業界を作り上げることのできることを
名誉に思っております。

最後の最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

医療法人社団「健創会」ヒロデンタルクリニック院長 金子博寿

購入する
「年商1億円超え クリニックの流儀」DVDシリーズ
episode 零 episode 零

「再現率100%の
極秘ベーシック」

詳細はこちら
episode 壱 episode 壱

「人材確保・育成の
戦略的イノベーション」

詳細はこちら
episode 弐 episode 弐

「完全なる情報提供による
コンサルテーションの世界」

詳細はこちら
episode参 episode参

「月間1,000万円以上の自費収入
獲得へのメカニズムを解放」

詳細はこちら
episode FINAL episode FINAL

「包括的治療による
予防システムの最終形態」

詳細はこちら

「経営手法」関連のDVDはこちら

PAGE TOP